C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

売れる物しか売れない時代

 

かつてお互い買い物好きで、しょっちゅうつるんでは買い物に繰り出していた友達。

この間久しぶりに彼女と遊んだ時に、あの時買ったアレやコレや、今どうしてる〜?って話になった。

 

とっくの昔に売っちゃったよ〜〜って言った私。

 

彼女とは趣味が合ったから、同じブランドの同じバッグとか財布とか、おソロで買ったりしてた。

彼女の方がお金持ちで、買い物も上手で、海外旅行なんかも度々行ってて、当時の流行りモノはひと通り持ってるって感じのコだった。

 

時は経ち、私たちもだいぶ歳をとって、

流行りモノやブランドのステイタスがさほど欲しいと思わなくなった。

 

当時、あまりの人気でプレミア価格にまでなったようなモノも、ブームが終われば誰も欲しがらなくなって、売りたくても売れないなんていう時代の変遷も見てきた。

 

彼女も、ヴィトン、シャネル、コーチ、プラダ、グッチなどなど、売ろうと決意してお店を周ったけれど、クローゼットに寝かせ過ぎてがっかりする買取り価格しか提示されなかったと言った。

それが悔しくてさらに寝かせてしまい笑、そうこうしてるうちに更に買取価格は下がり、一周周ってどころじゃない、何周も周ってようやく諦めて手放したと。

まぁ、気持ちは分かるよ。

リサイクルショップの買取価格はホントしょっぱいもん。

 

f:id:cestmavie:20180920121914j:image

 

今はフリマアプリが盛況で、誰でも簡単に売り手になれる。

ある程度は、自分の納得価格で売ることも出来るとはいえ、やっぱり高く売れる物はみんなが欲しい物。

 

傾向を観察していると、

最新の物を買って、1、2回使ってすぐ売る人が、なんだかんだ、一番いい思いが出来てるんじゃないかと思う。

定価の1万円で買っても、まだ最新なら9000円とかでも売れている。

実質、差額の1000円というコストで、「最新」の「新品」を使えて、なんならSNSに上げて自己顕示欲も満たされて、すぐ売れれば、また次の最新が買えて…以下ループ。

 

元締め=一番先に買う人が、トータル的に一番美味しい思いをしているんじゃないかと思う。

 

この法則に気付いた、一番先の人たちが買う物とは?

それは、売れる物。当たり前だけど。

知名度、人気、ステイタス、希少価値。

これらの条件のいずれか、または複数の条件がそろっている物。

それが売れる物。

逆に言えば、リセールしにくい物は売れない時代なのだ。

 

売らない前提の人って今かなり少ないと思うから、リセール価値が低い物を買ってしまうのは、もはや時代遅れの負け組なのかも知れないね。

 

私は自分の物、飽きたらたまに売ったりもするけど、基本気に入った物を長く使いたくてしっかり考えて買うから、1、2回でお別れなんて出来ない。

負け組だね。

 

少ない服で暮らすと決めている訳じゃないけれど、結局着ている洋服の数は少ない…

 

過不足なく快適にオシャレを楽しめる、

そのくらいのボリュームのクロゼットを維持したいと考える、

アラフィフシンプリスト凪。

洋服の数の少なさにこだわっていません。

ファッションが大好きなので、買う時は買います。

季節、年齢、TPOに合った適正な枚数を持ちたいと思っています。

 

この半年、買うだけで処分をしていなくて、クロゼットの見晴らしが詰まってきた感があったので、半年ぶりに洋服の持ち数をカウントしました。

ついでにアイテムをひとつひとつ撮影しました。

その前に断捨離。

 

この半年〜一年、ほとんど着なくなったなぁ〜というモノは削除。

買った時にはそうでもなかったけれど、今着ると似合ってないなぁ〜というモノも削除。

半年前より3キロ痩せて(^^)、サイズが合わなくなったモノも削除。

痩せて手放すのだけは、なんだかうれしいわね😃

 

思えば夏も2、3日に1回はおんなじコーディネートをしてた。

いくらたくさん洋服を持っていても、

結局私は好きなコーデを繰り返す訳だから、コーディネートのバリエーションを増やす為の2群の洋服は要らないのよね。

そんなことを考えながら作業。

 

半年前は礼服をのぞいたオールシーズンで46着でしたが、今回は47着でした。

枚数的には維持出来てるということは、

私のライフスタイルの適正量はこの辺りっていうことかなと思います。

 

私の場合用途は、

主婦の作業着兼レストランバイト着、

音楽事務所のオフィスワーク着、

MC仕事用兼かしこまったお出かけ用のきちんと感が必要な服、

通学など、カジュアルなお出掛け着、

ランニング用。

 

用途をまたいで使える服が一番とはいえ、振り幅が大きい属性なので、無理しないで用途と季節に合ったモノを持つようにしています。

 

この半年で増えたアイテムは、意外にもジャケットやブルゾンなどのアウター系でした。

羽織りを変えるだけで、簡単に雰囲気も季節も変えられるからかな。

自分で意識してたワケじゃないけれど、アウター増えてました。

 

一部ですが、画像を。

秋カジュアルはこのへんのアウターと

f:id:cestmavie:20180917091315j:image

↑new!


f:id:cestmavie:20180917091313j:image

↑スポーツ用も兼務するブルゾン


f:id:cestmavie:20180917091319j:image

↑これさえ羽織っときゃ!な頼れる奴

 

このへんのインナーに、

f:id:cestmavie:20180917091432j:image 

↑10年選手のセルフビルド古着⁈


f:id:cestmavie:20180917091434j:image

↑春に購入したguスエット


f:id:cestmavie:20180917091443j:image

↑定番黒タートル


f:id:cestmavie:20180917091440j:image

UNIQLO

 

このへんのボトムやワンピースを組み合わせていこうと思います。

f:id:cestmavie:20180917091613j:image

↑古着バギー


f:id:cestmavie:20180917091610j:image

↑gu2シーズン目


f:id:cestmavie:20180917091616j:image

↑古着マキシワンピース

 

冬に向けて少し足りないボトムを探す必要があると分かったし、

やっぱりカウント作業は大事だなー。

 

 

東京ラブストーリーの再放送。

 

昨日、夕方テレビをつけていて、

突然始まった東京ラブストーリーの再放送。

何日か前から、再放送が話題になっていたみたい。

再放送に対して私は特別な感情もなかったんだけど、

まあ、懐かしいな、くらいな気持ちで見始めましたらば。

 

ドラマ放映当時は私は学生、愛だの恋だの真っ盛りの青春時代を過ごしていました。

再放送を見ていると、当時の色々な感情がドラマのありがちな笑笑展開と重なって、懐かしいよりも、むしろ笑けて来てしまいました。

当時は、それでも真剣に、生きて恋もしていたはずなんだけど、

今、ドラマに重ねて自分の若い頃を振り返ると、若さ故、未熟、若気の至り、そんな照れ臭く恥ずかしいような感情ばかりが沸いてしまいました。

あの頃は良かった〜〜なんてノスタルジーは皆無…

 

当時は、登場人物にガッツリ感情移入して見てたはずなんだけどな〜。 

あの頃は純粋だっただな。

 

今の自分目線で見ると、

まず、登場人物たち、恋愛に引きずられ過ぎ、ちゃんと働けよ、とか思ってしまう。

オンとオフ、分けなきゃダメよ、とかね。

 

恥ずかしい以外だと、今見ると面白いこともたくさん散りばめられてた。

車で飲み会に行くとか。

通話しながら運転とか。

バブリーな展示会の、ハイレグ水着のお姉さんとか。

家の電話で通話とか。

 

今やらない、やれないことを普通にやってたりして、ツッコミつつ面白かった。

ファッションも、いちいち懐かしくて恥ずかしいんですけど〜〜。

 

この再放送を見る醍醐味は、この時代ギャップへのツッコミもひとつかなと思った。

 

江口洋介さんが三上くんというチャラい医大生役で出てる。

進藤先生、学生時代はチャラ男だったのね笑なんて思ったわ。