C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

ミニマリストの親が子供をミニマリズムに巻き込んで育ててはいけない理由。

 

持ち物について、

多過ぎずでも少な過ぎずでもない、

過不足ない暮らしを意識しています。

モノと向き合う時、私が一番忘れないようにしている事は、

自分本位な取捨選択をしない事です。

ミニマムな暮らしを好む私だけでなく、家族やゲストにとっても、

暮らしが不便でない事、快適である事も重視しています。

 

とりわけ子供には、たくさんの選択肢から選ばせてあげたいし、

モノを通じて得る経験や感動や喜びも必要だと思っているので、

子供をミニマリズムに巻き込むことはしてきませんでした。

何から何まで素晴らしい事のように唱えられているミニマリズムですが、

若い人や特に子供には、害もあると思っています。

 

甘いモノやお菓子、ジャンクフードを食べさせていない家庭の子が、

友達の家やなんかで、口にしたことも無い未知の食べ物ををむさぼるように食べていたという話を時々聞きます。

ゲームを禁止されていたり、ゲーム機自体を家庭の方針で買ってもらえない子も同じです。

ゲームをやれる家に行くと、ずっとゲームから離れない。

要するに、「飢えてる」んですよね。

普段から禁止されていない子は、がっつく必要が無いからそんな事態にはなりません。

 

ゲームを遠ざけたり、ジャンクな食べ物を食べさせない親は世の中では意識が高いとされ、

素晴らしい親のように言われることもあります。

でも、そうとも言えない側面もあります。

あまりにも俗世からかけ離れた経験の乏しさは、

単に子供が渇望感を募らせるだけです。

残念ながら、親の高い意識は伝わっていない事が多いんですよね。

伝わっているならば、他人の家でがっつくなんて事にはなりませんから。

経験の乏しさと同じことが、モノの少なさでも起こり得ます。

 

子供にモノをたくさん与える事に反対する声はよく聞きます。

ワガママに、我慢出来ない子になると。

息子には幼い頃から、割と何でもマキシマムに与えてきましたが、

息子自身もそのうちに、自然と自分に合ったモノを、

それも「適量を」選んでいくようになりました。

それは、「ある」からこそ選択出来たのであって、

「ない」ところからは好きも嫌いも選びようもなく、

自分に合う合わないも分かるようにはならなかったと思います。

誕生日などに欲しいモノはないか?と尋ねても、

「今は無いから何も要らない、欲しいモノが出てきたらでいい。」と言う息子。

息子の物欲は健全に育成されていると思います。

 

人間関係で悩むツラい体験も、楽しい経験も。

自分で体験したからこそ血となり肉となり、骨太な大人へと成長していくのです。

誰とも交わらせないで幼子を育てる親はいないでしょう?

社会性を育てなきゃと、小さなうちから公園や児童館へ連れて行くのでしょう?

 

経験だけでなくモノも同じ。

触れたり抱きしめたり、時に壊したりしながら、想像して実感して、

体、脳、感情、五感、全てを使ってモノから学んでいるのが子供なのです。

大人みたいに見栄やステイタスでモノを持つわけではないのです。

子供にはたくさん与えたっていいと思います。

(もちろんモノを与えただけではだめですけれど。)

若いお母さんが「ミニマリストを目指しています。」なんてブログなどに書いているのに遭遇すると、

子供には人並みに与えてあげてと、心の中で願ってしまいます。

 

何も無い家で育った子供は、

成長して自分でお金を稼げるようになった時、

親から伝えられたミニマリズムを果たして継承するでしょうか?

押し殺してきた渇望感が爆発して、リバウンドした人生を送らないでしょうか?

ミニマリズムが日本に登場してまだわずか数年。

子供時代をミニマリズム家庭で過ごしたという大人が育っていないので、

ミニマリズムが子供に与える影響の答えはもっと先になるでしょう。

でも実は、既に似たようなケースの結果は出ています。

貧しかった時代に育った親世代が、

物を捨てられず、モノに縛られて生きているのを見るにつけ、

ミニマリズムで育ってゆく子供の未来は、そうなるような気がしてなりません。

 

凪 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp

cestmavie.hateblo.jp

 

 

 

 

 

アラフィフには「ヤル気スイッチオフの日」があってもいいじゃない。

 

#ゴールデンウイーク終わった

 

昨日は、こんなキーワードが付いたツイートがネットに溢れたんじゃないかな?

世の主婦の皆さま、ゴールデンウィークお疲れ様でした。

 

私も昨日は、「終わった~(^^♪」っていう気分でした。

我が家の連休は、夫、息子ともカレンダー通りで、

前半は私の母の家に行き、後半は自宅で過ごしました。

 

お休み、楽しい事は楽しいんですよ。

帰省すれば、身内にも会えるし。

今回は私の姉家族、弟家族、我が家の総勢11人で集まる事が出来ました。

 

でもやっぱり、日常と違う事をすると、楽しくても疲れるよね~?

家に家族がいると、部屋も散らかるし、炊事の回数も増え、

結局家事が増えて、たいへんなのは主婦だけっていうね(笑)

せっかくの長期の休みが、ちょっとだけ憂鬱だなんて気持ち、

夫たち、子供たちは夢にも思わないでしょうね。

 

アラフィフになり、休日に限らず、何日かこういうイレギュラーな日が続くと、

体よりむしろ気持ちが疲れちゃって、

乗り切った後のオフの日は、本当に何にもしたくない。

出来れば朝も起きたくないし、子供の世話も放棄したい。

が、それはさずがに・・・なので、

朝起きてお弁当を作り、息子を送り出したら、そのあとはもう徹底的にだらけます。

テレビの音もうるさいから消して、ネットを見たりもせず、

猫と一緒にゴロゴロと惰眠をむさぼります。

ひとりの食事もテキトーに済ませちゃう。

西日が強くなる頃まで思いっきりだらけていると、

部屋の汚さに嫌気がさして、掃除機かけくらいはしたくなってくるので、ようやく始動。

その勢いで何とか夕食の支度までこぎ着けます。

夕食を済ませたら、さっさとお風呂に入り寝てしまう。

 

息子ももうほっといても大丈夫だし。(自分で何とかせいっ!って歳ですよね。)

この日ばかりは、自分本位に動かせてもらいますよ。

 

乱れていた心身のバランスを戻すのに、私の場合、今は丸一日必要。

まだ一日で回復出来るだけマシかと思います。

若い頃みたいに、心の疲労の声に蓋をしたまま走り続ける事はもう出来ません。

これから迎える更年期本番を気楽に過ごしていくためにも、

自分を甘やかす日があってもいいんじゃないかと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

【シンプリストの部屋】塩シャビーシックに仕上がった、リビング壁の漆喰塗り、ビフォーアフター公開。

 

前回記事にした、リビングの壁漆喰塗りの結果報告です。

結論から言って、大満足です(^^♪

 

まずはビフォー画像から。一年半前くらいにブログに掲載した画像です。

f:id:cestmavie:20151119082056j:plain

 

続いてアフター。

f:id:cestmavie:20170501090113j:image 

別角度。

f:id:cestmavie:20170501094319j:image

 

このラベンダー色は、初めて使う色の練り漆喰だったけれど、

予想以上に、理想通りの色に仕上がってくれました。

 

まだ漆喰を塗っていない白壁とのコントラストも理想通り。

f:id:cestmavie:20170501090210j:image 

 

壁の一部だけに色を使う手法をやってみたかったので、

何色にするのがベストか結構長い期間考えていました。

漆喰なので、一度塗ったら色変えは面倒なのでね。

この色に決定したのは、

春夏でも暑苦しくなく、

秋冬でも寒々しくない、

どの季節でも心地よく感じる色味だったからです。

約1年、同じ色味の布を貼って試した結果です。

私の好きな白、黒、グレートーンのインテリアにもなじみますし、

モノトーン部屋のアクセントにすると、エレガントに寄る色だと思います。

 

コテ跡アップ。

f:id:cestmavie:20170501090244j:image

この陰影が、漆喰塗りの醍醐味。

夜の薄明りだとなお雰囲気が出ます。

クロス貼りではこうはいかないですね。

 

幼い頃からインテリアが趣味の私。

好きな部屋の画像をたくさん集めていて思ったのは、

オシャレな部屋、空間は、まず箱からして違うのだという事。

部屋に置く家具やインテリア、ファブリックを揃える以前の問題です。

日本のインテリアって、(我が家も含め)まだまだ箱との調和が重視されていないですよね。

 

箱から変えようと思ったら、

流行りのスタイルを提案するリノベーション会社に頼んだりすれば簡単且つ、

お手軽にコーディネート完成かもしれないけれど、

それじゃあ、つまらない。

誰にでも、お金さえ払えば出来るようなスタイルや、

人にプランニングされたものは嫌なんですよ。

私の頭の中の理想を具現化するためには、自分で手を動かすしかないんですよね。

 

理想は、ヨーロッパの築100年越えの物件のような、

古さが個性となってオシャレでもある部屋。

我が家はもう築20年近いですが、こうして自分で手を加えていく事で、

いい感じにエイジングさせていきたいと思っています。

 

リビング壁はまだまだ手を加えたいところだらけ。

構想と妄想が膨らみまくっています。

また記事にしますね。

 

今回使用した練り済み漆喰はコチラ。色はナズビです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp

cestmavie.hateblo.jp