C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

人生の諸問題を人のせいにしているうちは、心の平穏は訪れない。

 

専業主婦の若いお母さんのお話を例に。

二世帯住宅での同居のストレスが色々とあるそうです。

1階に義父母世帯、2階に自分たち世帯の暮らし。

1階の玄関はふたつあれど、やはり1階に降りると義父母世帯の気配がいつもあり、

義父母世帯の来客時には1階へ降りて玄関周りを掃除するのにも気を遣う。

田舎ゆえ来客も頻繁で、やりたい家事も予定通り行えない。

生活時間が違うので、気を遣う。

衛生観念が違うので気疲れする。

(たぶん叱ったりの)声が下に筒抜けだろうと思うと、

子供への指導も思うように出来なくてストレスが溜まる。

自宅内のある住宅機器の数が多く、掃除が大変で辟易しているけれど、

これが将来は1階の親世帯部分も全部自分の負担となってくるのだと思うとうんざりする。

等々。

 

普段はこういうストレスを我慢して溜め込んで暮らしているけれど、

子供同士のちょっとしたけんかをきっかけに我慢の糸がぷっつり切れてしまい、

ご主人に爆発してしまったとの事でした。(過去に数回爆発したことあり)

ご主人は実の親との二世帯だから、奥さんの気持ちなんて分からないからか、

デリカシーのない、また、ピントのずれた発言をして、さらに悲しく爆発。

専業主婦だから、主人も外で頑張っているから、私はいつも我慢して頑張ってる事を覚えておけって言い放ったと。

 

彼女の言い分はすご~くよく分かる。

世の中の奥さんの、よくある愚痴というか悩みで、多くの奥さんが共感もすると思う。

 

でも、

ふと、

 

「問題を人のせいにばっかりしてるから、

この人は幸せになれてないんじゃないのかな?」って感じてしまった。

(もちろん本人には言いませんけどね)

 

彼女自身も、自分が気を遣い過ぎるからいけないって言ってるのだけれど、

自分がいけないと言っている裏で、

気を遣わせるあんたたちが全部悪いのよ!!という本心が透けて見える。

良い嫁に思われたいのか、平和主義なのかは知らないけれど、

気を遣うのは誰に強制されたわけでなく、自分の意志でやってるのでしょうに。

なぜそれで忍耐MAXになると切れちゃうのかな?

まさに逆切れ。

 

怒りを覚える現象の全てを、義父母や夫や子供たちのせいにしているけれど、

そんなに周りが悪いとも思えないし、普通より恵まれているのではない?

義父母やご主人だって、きっとあなたに気を遣ってるはず。

生きてれば気遣いなんてお互い様、山奥のジャングルじゃないんだからね。

テンパる気持ちは分かるけれども、

いい人に見られたい、悪者になりたくないという自分のズルい感情が、

自分の首を絞めている気がするんですよ。

 

とくに子供を叱るなんてことは、

誰が見てようがどこだろうが何時だろうが、一貫してやるべきだと思う。

 

若い奥さんに、可哀想ね、大変ねって言う事は簡単。

だけれども、共感だけしてあげてても問題解決にはならない。

彼女が幸せになる道は、当事者意識を持って人生の諸問題に立ち向かうこと。

そうすれば、人のせいにして頭にきたり、何でわたしだけって妬んだりという、

幼稚な感情にとらわれ過ぎちゃうこともなくなっていくと思う。

恵まれた環境や周囲への感謝の気持ちも、自然と持てるようになると思う。

分かっていても、若い頃は、なかなか出来ないのだけどね。

 

何でもかんでも、自分の思う通りにはならないのが人生ですね。

誰もが悩みもがきながらも、ささやかな喜びに出会うために頑張って生きている。

ままならない中で、どう自分を幸せに導くかは、自分の心持ちひとつかと思います。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

遺品整理に行って来た。元気なうちに身軽な暮らしになっておく事の大切さを思い知る。

 

親友のおばさんが亡くなり、

遺品の片付けのお手伝いに行って来ました。

 

おばさんがご主人を失くしたのが確か25年ほど前。

それからずっとおひとり暮らしでした。

学生時代にも何度かお会いして、おばさんが得意な占いをしてもらったりと、

時々交流のあった方でした。

 

3か月ほど前、末期のすい臓がんと判明。

病院に行く前までは普通に暮らしていましたが、

ガン診断後、急激に悪くなって、あっという間に逝ってしまわれたとの事。

 

親友はもうご両親も鬼籍に入り、ひとりっ子でもあり、身内と言える人はおばさんだけでした。

片付けも、事務手続きも、悲しみ癒えぬ時期に全て自分で段取っていかなければならない。

体力的にも精神的にも、大変なのは想像出来ます。

私も父を急に失くし、その後が本当に大変だったので、

片付けを手伝ってほしいと連絡が来た時、二つ返事でOKしました。

 

30年以上住んでいた公営住宅は3DK。

おじさん亡き後、女ひとり暮らしになって処分に困って放置だったのだろうなと思う、

大型の家具や家電がたくさんありました。

冷蔵庫は大きいのが2つ。ひとつは壊れていました。

古い団地は収納も今風ではないから、ついつい増えたであろう大型のタンスや収納家具。

各部屋に大きな天袋付きの押し入れがあるのに使いこなせず、

そういう使いにくい所や大きな置き家具の中にも、意外とモノは詰まってはいませんでした。

自分で取り扱える小さく軽いモノは、おばさんも自分で何とかしていたのでしょうね。

でも、嵩張る大型のモノは年老いてどうすることも出来なかったのだろうと想像しました。

 

公営住宅なので、お家賃がかかります。

急ぎ月末までに部屋を明け渡さなければならず、ゴミ回収のプロを頼みました。

最近まではゴミでは無かったモノも、

持ち主がこの世を去れば、その瞬間からもうゴミとなってしまう。

仕方のない事だけれど、何とも言えない虚しさがありました。

荷物の量や部屋の広さから、30万円はかかるだろうと思っていましたが、

知り合いの業者さん、20万円で運び出し、処分、部屋の清掃まで請け負ってくれました。

 

最後は、ストックしてあった未開封の消耗品や食料品、

わずかな衣類と形見の品、

私の小さい車で楽々運べる程度のモノしか残りませんでした。

親友の家にそれらを運んで終了。

 

4トントラック1台分のおばさんの遺品整理。

二十歳の頃に実家を売りに出した時の片付け、

30歳の頃、父を亡くした時の片付け、

そして今回。

普段は大好きな片付けですが、こういう片付けはやっぱり悲しい。切ないですね。

 

親友を見てて、ひとりっ子の大変さを将来の息子と重ねてしまう。

せめて遺品の片付けだけでも息子の負担にならないように、

最期の時を迎えなきゃいけないなとおもいます。

元気なうちの終活はすごく大事です!!

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp

傘をパクる奴ってなかなかの人でなしだと思う件。

 

誰もが経験あると思う傘の盗難・・・。

 

パクる奴に声を大にして、

自覚無いかもだから言ってやるけど、

あなた、なっかなかの人でなしよ?

 

今はもうコンビニでいつでも傘なんて買えるし、

100均でも売ってるくらいだし、

傘ぐらい盗んでもたいした被害額じゃないと思って、

気軽にパクってるのかも知れないけどさ。クズ自覚してよ!?

 

パクられた人からしたら、問題は額だけじゃ無いのよ。

あるはずだった傘が無かった時、誰でもめっちゃ困るでしょ?

その、困るだろうな?って所に考えが及ばない事、

人の気持ちへの共感力が無い事が人でなしだって言ってんのよ。

あなたがパクった代わりに、濡れて帰る持ち主が居るんですけど?

自分さえ濡れずに帰れればいいのか。

その自己中さ。ホントに日本人?

 

世間もさ。

傘が無くなる事くらい、今更珍しくもなく、

安いビニール傘盗られたくらい大したことでもないとしてる感じもあるけどね。

傘を自転車に置き換えて考えてみ?やっぱり許せないでしょ?

 

そもそもパクる=泥棒ですからね。

なのに、気軽に傘をパクっていく奴多過ぎじゃない?

カジュアルに窃盗されちゃ困るのよ。

 

世間ももっと「傘泥棒許さんぞ!」って気運になってほしいわ。

次に傘盗まれたら、警察呼ぼうかしら。

そんな些細な事とおまわりさんに鼻で笑われたら、警察が泥棒認めたって事になるじゃない?

皆さま、警察がどういう対応してくれると思います?興味あるわね。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村