C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

最近やめた悪い癖。

 

もういつからやっていたのかも忘れてしまうほど、

当然のようにやっていた悪い癖を最近改めました。

正直、それが悪癖である事すら気が付いていませんでした。

 

やめた悪癖。

それは、食品の買い物時に、賞味期限が少しでも新しい物を見定めて買う事。

賞味期限の書いていない野菜や果物などの生鮮食品も、

棚の奥の物をわざわざ買っていました。

私以外にもやっている人意外と多いのでは?

 

f:id:cestmavie:20171015234415j:plain

 

この行為、一見すると賢い主婦のようですが、

最近何となく、ズル賢い主婦のように感じ始めました。

自己中でエレガントでは無い行為だなと。

こういうことは価値観の違いで、本来どっちが正しいとかは無いのかも知れません。

ですがモラルや道徳心から考えたら、私は悪癖だと思いました。

 

学生時代、初めてのアルバイトはファミレスでしたが、

そこで学んだ基本は、食材の先入れ先出し(先に入荷した物は先に使う)でした。

これは今も自宅では当然実行している事。

なのに買い物の時だけその原則を歪めているのは、自己中な理由以外にない。

息子にも、食材の正しい消費の順番を教えなければいけない立場なのに、

家の中だろうが外だろうが、ルールを統一しなければ筋が通りませんよね。

廃棄食材は、家の中だけじゃなく日本中世界中で減らさなくてはならない問題です。

そういう取り組みに無関心な事は、大人として恥ずかしい事じゃないかとも思いました。

 

また、住環境維持の面からも理由があります。

まだ全く問題無い品物なのに、たかだか1日違う程度で古い品物を残されてしまったら、

お店の方はどう感じるでしょう。

売れるはずの品物が売れ残ってしまったら、お店の経営にも悪影響でしょう。

生活圏の商店を応援して、長く商売を続けて頂くことは、

巡り巡って自分が暮らすの街の利便性を継続する事にもつながります。

 

以上のような理由から、長く続けてきてしまった悪い癖をやめようと思いました。

 

物事を、自分本位な方向からしか見ていないと、

こういう振る舞いも自分の中で正当化してしまいがちですが、

別の角度、他人の立場から見れば、それが正しいとは限らないのですよね。

もうアラフィフなので、自分さえ良ければいいという生き方を改めて、

まっとうな人間を目指したいと思います。

 

凪  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

アラフォー過ぎたらオシャレの曲がり角。今の自分を好きになってもっと素敵になろう。

 

鏡の前で、う~ん?となったその服。

捨て時よ!

今年の自分に似合わなければ、来年はもっと似合わないわよ。

 

だってね、

人間、絶対若返りはしないからね。

体力だって、

少しずつ衰えていくからね。

 

重たい、

きつい、

痛い、

寒い。

若い頃、真っ向勝負を挑んでは、大勝利してきたこれらの形容詞には、

この先はもう勝てないの。

 

それにね、「おしゃれは我慢」と言われた時代は終わったの。

事実、今の若い人たち

わりとみんな、自然体のおしゃれをしているわ。

足元を見ても、ハイヒールを無理して履いている子はホント減った。

 

昔の若者は、

高価なDCブランド(死後)を着て、

シャネルだヴィトンだ、ハイブランドを持って、

頭の先からつま先まで雑誌のコピーみたいで、みんな横並びだったわね。

 

今の若い人たちは、

高いモノがいいモノだなんて幻想を持っていないわよ。

安くていいモノを見つけて上手に組み合わせてる。

昔は無かったプチプラショップも、たくさんあるしね。

今は、たかがオシャレごときで、

体にも財布にも無理をすることがもう時代遅れで、

「昔の人感」ハンパないのよね。

 

f:id:cestmavie:20171014223357j:plain

 

オシャレの曲がり角に立ったら、どうすればいいのかしら。

 

毎シーズン、毎週のように、

マスゴミがごり押ししてるだけの、作られた流行服を買ってる人。

若い人には手が届かない高価なモノを買って、

差をつけたかのように錯覚してる人。

 

大人だからって、

勝手にファッションリーダー気取りで、一歩先行く必要はないわ。

逆に、一歩引く必要があるの。

自分や自分ら世代が、周りからどう映っているのか、

俯瞰してみる必要があるの。

 

世間の人は優しいフリして、本当は残酷よ。

誰も直接本音を言ってくれないもの。

「若いですね~♪」は、本当に年齢が若い人には使わない褒め言葉。

舞い上がってしまっては裸の王様よ。

行動やモノのチョイスが若い頃から進歩していない、

歳だけくったイタイ人にはなりたくないわよね。

 

お金をかけてても、嫌味なくさりげなかったり、

逆に、お金をかけていなくても、なぜか良質で素敵に見えたり。

TPOに馴染んでいるのに、

なぜかそこだけふわりと光を集めているような。

そんなおしゃれが出来る大人を目指しましょうよ。

 

曲がり角の先には、

歳を重ねてさらに輝く自分が居ると思えば、

曲がるのも怖くないわ。

 

この記事はちょうど2年前の10月15日に書いたエントリーをリライトしました。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

「やられたらやり返せ」はもはや通用しない時代。

 

子供の心に寄り添う子育てをモットーに、そんな記事を子育てカテゴリーで書いています。

 

福岡県の私立高校で、

教員を一方的にパンチしたり、蹴ったりした男子生徒が逮捕されたニュースがありました。

容疑者16歳、息子と同級生と思われます。

周囲の話では、もともとやんちゃなほうだったと。

でも、やんちゃな子なんていっぱいいます。

ではなぜ、彼がやんちゃなだけでは済まず、

後先考えずに暴力をふるうような人間に育ったのか。

問題の根源はそこにあると思います。

 

私は、親が暴力を肯定して育てたんじゃないかなと思うのです。

時々居ませんか?

遊んでくれる大人相手に、延々とキックしてくる子供。

それをいさめるでもなく、微笑ましく?のん気に眺めてる親。

 

子供が喧嘩して泣かされて帰ってくると、

自分がやられたような気持ちで怒りが先に立ち、

「やられたらやり返せ。」と、いわゆる報復を促す親。

でも、これはしつけでも教育でもありません。

暴力を肯定する恐ろしい洗脳です。

 

問題を暴力で解決することを許された子供は、

成長とともに、どんどん暴力的になっていきます。

親がそうしていいって言ったんだから、そりゃ子供はしますよね。

そのうち体が大きくなって、親にも手が負えなくなってきますよ?

その頃になって、親や先生があわてて性根をたたき直そうと懲罰を与えたとして、

「やられたらやり返す」事を教えられて大きくなった子供は、

親だろうが先生だろうが、やり返して(殴って)くるでしょうね。

そもそもそうなるように育てたのだから仕方ない。

体罰はいけない、いじめは暴力などと言う一方で、

今もこの言葉を言い続ける親の多い事。

今回の高校生はタブレットを取り上げられた事に対しての報復でしたね。

なんと幼稚な行為でしょうか。

 

あなたの子供が、青年期に、また人生を通しても、暴力で問題を起こさないためには、

昔から脈々と言われ続けた「やられたらやり返せ」という言葉を、

今日以降、完全に否定して子育てしていく事です。

もちろん親から子への体罰も否定です。

親が短絡的な方法=暴力で威嚇して制圧する方法しか教えないから、

子供もそうなっちゃうんですよ。

今回の高校生の場合も、彼のせいばっかりじゃない気がします。

息子の周りにも時々見られた、自分の子供をジャイアンに育てるモンペ臭がします。

そういう親のたいはんは絶対謝らない。

泣かせてでも殴ってでも、喧嘩に勝って帰って来いと子供に言いますし、

親同士の話し合いも成立しない。

あなたはそういう親にどう対応しますか?

 

私は付き合いません。相手にしません。

子供にもそう教えればいいんですよ。

売られた喧嘩なんて買わなくっていいんです。時間の無駄ですから(笑)

傷付いた子供にとっては不服かも知れませんが、

「いつでも人に優しく出来る人になろうね。」と抱きしめてあげましょ。

 

そして、くだらない、レベルの低い輩と付き合わない代わりに、

我が子が自信を持って生きられるような事を身に付ける手助けをしましょ。

 

大人の世界でもそうですが、自信に溢れ心も体も強い人は何故かからまれませんね。

私は息子がいじめにあった時、ジムで体を鍛える事をすすめました。

ちょうど体の成長期と重なり、みるみるうちに屈強になっていった息子。

体とともに心も強くなり自信を取り戻していった結果、いじめられなくなりました。

格闘技系でなく自分と戦うジムにしたのも良かったのかも知れません。

 

現在は学校も体罰は厳禁。

昭和の最後頃まではあった、暴力を校内で肯定する考え方はいまや非常識です。

家庭でも、

「やられたらやり返せ。」と体罰

これはもはや現代の子育てでは通用しないと肝に銘じてほしいです。

 

子供に、平和的問題解決方法を教え、身に付けさせていくのには、

時間と親の根気、知恵が要りますが、

我が子に、

良い仲間に恵まれた幸せな人生を生きてほしいならば、

難しくても親はやらなくてはいけないと思います。

小学生までが勝負ですよ。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村