C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

【DIY】家具のペンキ塗りをしました。

 

寝室のセルフリノベーション、続き。

梅雨に入る前に済ませちゃいたいペイント作業。

 

ペンキ塗りの成功のコツは、

やすりがけを丁寧にやることですが、

今回塗る家具は既にキメが綺麗に整えてあるものなので、

面倒なやすりがけは一切不要。

いきなりペイント作業に取りかかれました。

 

ペンキは水性ペンキを用意。

このアトムハウスペイントの製品は、

色々な素材に塗れて、しかも1回塗りでOKで、扱いやすかったです。

色はホワイトグレーというのにしてみたよ。

f:id:cestmavie:20180517210908j:image

 

まずは棚ビフォー

f:id:cestmavie:20180517210859j:image

 

んで、アフター。

f:id:cestmavie:20180517211009j:image

 

f:id:cestmavie:20180517211026j:image

グレーはほのかに感じる程度。

黄身の無いクールなホワイトって感じが好み。

 

最初は棚だけを塗るつもりだったのだけど、

棚を乾かしている間にチェストを何色にしようかとあれこれ思案しているうちに、

チェストも同じ色にしちゃえ!と心が決まり、

西日が差し始めた頃にチェストに着手。

 

ビフォー

さよなら、アンティークパインの木目さん。

f:id:cestmavie:20180517211428j:image

 

当初の構想は、下だけ塗るつもりで、こう塗った。

f:id:cestmavie:20180517211544j:image

 

でもやっぱり、木目が見えたまんまだと、ほっこりカントリー感。

垢抜けないなと。

部屋全体、もっとクールにしたいから、

上部も塗っちゃって、

アフター。

f:id:cestmavie:20180517211749j:image

 

夜になって乾いたので、

リフォームした壁の前に設置してみたよ。

f:id:cestmavie:20180517211919j:image

 

もう一枚。

f:id:cestmavie:20180517214430j:image

うん。いいんでないかい?

 

ついでに、アクセサリーの引き出しを整頓。

f:id:cestmavie:20180517212026j:image

プチプラがほとんどのマイジュエリードロワー💎

 

壁掛けの棚は、昼間取り付けます。

 

寝室、少しずつだけど、

イメージしてる感じに近くなってきて、

楽しくてしょうがないです。

 

業者に頼んじゃうと、最初に全部をプランニングをしなきゃならないじゃない?

最初から仕上がりの全体像を予想するのって、よほど確固たる理想やセンスを持っていないと難しいと思う。

その点セルフなら少しずつで大丈夫だから、

途中まで進んだ状況を見ながら、

その上で次のイメージを決めていける。

それがセルフリノベーションの良さだと思うの。

 

実は、窓枠と周り縁と巾木の色も変えたい。

でもそれ着手すると大ごとだからなぁ〜。とりあえず放置。

床の色も気に入らない笑

理想目指したらキリがないよ〜。

 

 

 

久々。エルベシャプリエじゃないバッグを購入したワケ。

 

昨日は母の日でしたね。

息子がバイト代でピザーラをおごってくれました。

また、私の大好物である、パルムアイスクリームを箱で!買ってくれました。

何をもらえたか、よりも、気持ちがあるのがうれしいです。

 

さて。

以前から、白系のバッグをワードローブに追加したいと考えておりまして、

第一候補はもちろん、大好きなエルベシャプリエ❤️でした。

 

GPラインの舟形トート、707か704、

色はイヴォワール、のやつ。

大人気ですよね!こちら。

f:id:cestmavie:20180514112538j:image

 

マチが広い707は、持った時に腕がいつも広がって少しかさばるので、

同じサイズでマチだけ狭い704が良いかなぁって思ってました。

 

大好きなエルベのトートだけれど、

ひとつだけ難点はショルダーにできないこと。

白系のバッグは、肩かけしたいシーンでの使用をも考えていたので、

今回は、エルベではないバッグを購入しました。

f:id:cestmavie:20180514113046j:image

 

ZARAのものです。

私、しぼ皮風の素材感が好きなので、

このバッグもそうです。

フェイクレザーでも、しぼ皮は高く見えます笑

フェイクだから軽いし、雨の日も持てるかと。

お値段はエルベの10分の1以下でした。

 

中は3層になっていて、真ん中の層はファスナーで閉まります。

f:id:cestmavie:20180514113518j:image

 

エルベの707GP、Mサイズとの大きさ比較。

ほとんど変わりません。

f:id:cestmavie:20180514113620j:image

 

マチの幅は半分くらいです。

f:id:cestmavie:20180514113653j:image

 

バッグを持って正面から見た時に、

この位のサイズ感のバッグが一番上品に見えると思います。

その印象を壊さないまま、

収納力や使い勝手などをクリアしたこちらのバッグ、

プチプラだし気兼ねなく、ヘビロテしようと思います。

 

近い将来、エルベに肩かけ機能が付けば、ますますファンになるのは間違いないですけどね。

エルベシャプリエ様、ご検討よろしくお願いします。   

 

 

 

 

 

【DIY】寝室の壁のセルフリノベーション。漆喰塗り編。

 

皆様、お久しぶりでございます。

ブログご無沙汰しました。

 

連休直前に夫の父が亡くなりまして、

なかなかの多忙でございました。

まだ色々と落ち着かないなかで、

ブログなんて書いてて不謹慎!かとも思いますが、

血の繋がってる当の夫は、平然と日常生活を送っているので、

ワタクシも日常へと戻っていこうと思います。

 

再開第一回目の記事は、

前回の壁紙張りの続きから。

 

前回はストライプの壁紙を貼ったところまでで終わってました。

f:id:cestmavie:20180512193129j:image

 

続いて、残り三面に漆喰を塗ることにしました。

漆喰塗りはもう慣れたもの。

でも、今回は、斜めになった壁が曲者っちゃ曲者。

必要なのは根気だけです!

 

ビフォー

f:id:cestmavie:20180512193404j:image

 

f:id:cestmavie:20180512193430j:image

 

いざ!着工。

漆喰塗りの大原則、養生はしっかりと。

本気の現場感、醸してますな。

f:id:cestmavie:20180512193542j:image

 

f:id:cestmavie:20180512193612j:image

 

漆喰のカラーは、今回ライトグレーにしてみました。

wetだと濃ゆいぞよ。

f:id:cestmavie:20180512193715j:image

 

ひたすら、ひたすら、塗っていく。

疲れるけど、疲れたと感じる気持ちをフリーズさせて、

無心で塗っていく。

f:id:cestmavie:20180512193753j:image

 

く、黒?

f:id:cestmavie:20180512193815j:image

 

だんだん乾いてきて、仕上がりの色が現れる。

f:id:cestmavie:20180512193833j:image

 

三面の二度塗りを完了させて、

あとは気持ちよい5月の風に乾かしてもらえば。

 

アフター

f:id:cestmavie:20180512194319j:image

 

f:id:cestmavie:20180512194301j:image

 

ストライプの壁紙との組み合わせはこんな雰囲気になりました。

f:id:cestmavie:20180512194358j:image

 

壁リフォーム前と比べてみると、

f:id:cestmavie:20180512194605j:image

 

甘さが薄まって?ませんかね?

重たいカントリー風味から、

塩シャビーへと、DIY道はまだまだ続く。

家具のペイント、そしてカーテンと、

この箱の仕上がりをベースに、またプランを練りま〜す。

 

仕上がりを楽しみにしてくださってる読者様もいらっしゃるのでがんばります。

また読みにいらしてくださいませ。