C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

狭いリビングのソファー問題、完結。我が家のニーズをほぼ満たすソファーに決定しました。

 

もう4月の話しになっちゃうんですが、

我が家に新しいソファーがやって来ました。

約1ヶ月使用してみて、

我が家のライフスタイルには大正解の選択だったなぁと実感しています。

 

先代のソファーベッドがボロボロになって捨てたのが去年の夏。

こちらが在りし日の姿。

f:id:cestmavie:20180523060419j:image 

 

ソファーにもなる2wayなのに、

息子がゴロゴロしたいからと常時ベッド仕様にしてあったので幅もとってた上に、

背中を預けてもたれられないからか、

私はほとんど使ってなかったソファーでした。

ただ、デメリットばかりではなく、

息子が寝落ちするにも、

息子の友達が泊まりに来た時にも、

やはりベッド仕様は便利ではありました。

だから新しく買うのなら、やはり寝転べる物がいいだろうなとイメージしてました。

 

ソファーを捨てた後、

しばらくは息子の友達用の折り畳みマットレスが搬入されていたリビング。

f:id:cestmavie:20180523062951j:image

 

ゴロゴロするには最高でしたけど、コレ、人をダメにした(^^;;

寝具なんだから当たり前だけど、寝落ちしまくってしまった笑

インテリア的にもヤダ過ぎた爆

 

ソファー探しの旅は、ある日突然終了しました。

別の物を物色しに行ったイケアでひとつのソファーに目が止まりました。

イケアのソファー、webでは見ていたんですよ。

でも、イケアの家具って基本ドデカイじゃないですか。

だから、狭い我が家には不向きだろうなぁと、ハナっから対象外だったんです。

 

でも、寝転ぶ、もたれて座る、

図体でっかい家族3人がくつろげる、

この条件に見合いそうなソファーに出会った。

一旦家に帰って、サイズを慎重に検討。

以前のソファーベッドよりもひと周り小さいくらいということも分かり、

もたれたい!という私の希望も、

寝転びたいという男性陣の希望も叶うソファーだと確信して、

購入することに決定しました。

 

こちらです。

f:id:cestmavie:20180523064303j:image


f:id:cestmavie:20180523064307j:image

 

ソーデルハムンという名前のソファーシリーズで、

我が家のはアームレスの3Pソファー。色はターコイズ

アールを取ったスクエアなデザインが、

リラックス感あるのにモダンさも感じて好きです。

 

こちらは1人掛けや寝椅子やアームだけなど、

部屋のスペースに応じて自由に組み合わせられるユニット式ソファーです。

我が家も広かったら寝椅子を追加したいくらいだけど、それはスペース的に無理。

 

クッションは置いてあるだけなので、

座面の有効面積が190×90センチ弱あり、しっかり寝転べます。

簡易ベッドにも充分なる広さです。

 

もうひとつ決定打になったのは、

オールカバーリングで全部カバーが洗えること。

しかも、替えカバーも売っていて、

色や素材のバリエーションもあるので、

今の色に飽きたり猫様の襲撃にあっても、

カバーだけ買い替えられるのですよ。

今のところ爪研ぎの餌食にはなっていません。

f:id:cestmavie:20180523072458j:image

 

身体をゆったり預けてもたれられる座り心地で、私も毎日もたれかかってダラダラしてます。

 

リビングがようやくリビングらしさを取り戻し、

インテリア好きとしても嬉しい限り。

 

ラベンダーピンクの壁とグレーがかったターコイズのソファーの色は、日本人はあんまりやらない組み合わせかと。

ヨーロッパ的なカラーリング。

ダスティな色味同士なので、私は悪くないなと思ってます。

今後はカバーの色でも色々遊んでみたいです。

 

 

【DIY】家具のペンキ塗りをしました。

 

寝室のセルフリノベーション、続き。

梅雨に入る前に済ませちゃいたいペイント作業。

 

ペンキ塗りの成功のコツは、

やすりがけを丁寧にやることですが、

今回塗る家具は既にキメが綺麗に整えてあるものなので、

面倒なやすりがけは一切不要。

いきなりペイント作業に取りかかれました。

 

ペンキは水性ペンキを用意。

このアトムハウスペイントの製品は、

色々な素材に塗れて、しかも1回塗りでOKで、扱いやすかったです。

色はホワイトグレーというのにしてみたよ。

f:id:cestmavie:20180517210908j:image

 

まずは棚ビフォー

f:id:cestmavie:20180517210859j:image

 

んで、アフター。

f:id:cestmavie:20180517211009j:image

 

f:id:cestmavie:20180517211026j:image

グレーはほのかに感じる程度。

黄身の無いクールなホワイトって感じが好み。

 

最初は棚だけを塗るつもりだったのだけど、

棚を乾かしている間にチェストを何色にしようかとあれこれ思案しているうちに、

チェストも同じ色にしちゃえ!と心が決まり、

西日が差し始めた頃にチェストに着手。

 

ビフォー

さよなら、アンティークパインの木目さん。

f:id:cestmavie:20180517211428j:image

 

当初の構想は、下だけ塗るつもりで、こう塗った。

f:id:cestmavie:20180517211544j:image

 

でもやっぱり、木目が見えたまんまだと、ほっこりカントリー感。

垢抜けないなと。

部屋全体、もっとクールにしたいから、

上部も塗っちゃって、

アフター。

f:id:cestmavie:20180517211749j:image

 

夜になって乾いたので、

リフォームした壁の前に設置してみたよ。

f:id:cestmavie:20180517211919j:image

 

もう一枚。

f:id:cestmavie:20180517214430j:image

うん。いいんでないかい?

 

ついでに、アクセサリーの引き出しを整頓。

f:id:cestmavie:20180517212026j:image

プチプラがほとんどのマイジュエリードロワー💎

 

壁掛けの棚は、昼間取り付けます。

 

寝室、少しずつだけど、

イメージしてる感じに近くなってきて、

楽しくてしょうがないです。

 

業者に頼んじゃうと、最初に全部をプランニングをしなきゃならないじゃない?

最初から仕上がりの全体像を予想するのって、よほど確固たる理想やセンスを持っていないと難しいと思う。

その点セルフなら少しずつで大丈夫だから、

途中まで進んだ状況を見ながら、

その上で次のイメージを決めていける。

それがセルフリノベーションの良さだと思うの。

 

実は、窓枠と周り縁と巾木の色も変えたい。

でもそれ着手すると大ごとだからなぁ〜。とりあえず放置。

床の色も気に入らない笑

理想目指したらキリがないよ〜。

 

 

 

久々。エルベシャプリエじゃないバッグを購入したワケ。

 

昨日は母の日でしたね。

息子がバイト代でピザーラをおごってくれました。

また、私の大好物である、パルムアイスクリームを箱で!買ってくれました。

何をもらえたか、よりも、気持ちがあるのがうれしいです。

 

さて。

以前から、白系のバッグをワードローブに追加したいと考えておりまして、

第一候補はもちろん、大好きなエルベシャプリエ❤️でした。

 

GPラインの舟形トート、707か704、

色はイヴォワール、のやつ。

大人気ですよね!こちら。

f:id:cestmavie:20180514112538j:image

 

マチが広い707は、持った時に腕がいつも広がって少しかさばるので、

同じサイズでマチだけ狭い704が良いかなぁって思ってました。

 

大好きなエルベのトートだけれど、

ひとつだけ難点はショルダーにできないこと。

白系のバッグは、肩かけしたいシーンでの使用をも考えていたので、

今回は、エルベではないバッグを購入しました。

f:id:cestmavie:20180514113046j:image

 

ZARAのものです。

私、しぼ皮風の素材感が好きなので、

このバッグもそうです。

フェイクレザーでも、しぼ皮は高く見えます笑

フェイクだから軽いし、雨の日も持てるかと。

お値段はエルベの10分の1以下でした。

 

中は3層になっていて、真ん中の層はファスナーで閉まります。

f:id:cestmavie:20180514113518j:image

 

エルベの707GP、Mサイズとの大きさ比較。

ほとんど変わりません。

f:id:cestmavie:20180514113620j:image

 

マチの幅は半分くらいです。

f:id:cestmavie:20180514113653j:image

 

バッグを持って正面から見た時に、

この位のサイズ感のバッグが一番上品に見えると思います。

その印象を壊さないまま、

収納力や使い勝手などをクリアしたこちらのバッグ、

プチプラだし気兼ねなく、ヘビロテしようと思います。

 

近い将来、エルベに肩かけ機能が付けば、ますますファンになるのは間違いないですけどね。

エルベシャプリエ様、ご検討よろしくお願いします。