家庭の在るべき姿

乾いた風の冷たさが、秋の深まりを感じる朝。 空高く澄んだ秋晴れの今朝は、うれしい気持ちで目覚めました。 息子は、小学生の時いじめられっ子で、 4年生、5年生頃は、学校へ行くのが困難だった時期もあります。 本当に、本当に、 毎日、毎朝、毎晩、親子で泣いていました。 息子の涙の理由は、悲しみは当然ですが、 困…