C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

志向の整理をすすめると、思考も自然と整ってくる。

志向=好き

 
例を挙げると、
洋服の系統、
趣味あれこれ、
インテリアの系統、
という生活周りのものから、
好きな色といった単純なものまで、
自分はこれが好き!と、
自信を持ってひとつと答えられる人は少ないんじゃないかと思います。
 
好きがたくさんあり過ぎると、
シンプルには生きて行けません。
 
シンプルライフがしたければ、
好きを、しぼることが必要です。
 
私はと言えば、
白と黒が好きなので、
ファッション、
インテリアは、
この2色がほとんどです。
 
他のキレイな色の洋服やインテリアに、
ぐっと惹かれることはあります。
でも、
長い放蕩生活で、
色柄は飽きるのが早いと実感しているので、
それを選択しません。
 
趣味も同じです。
 
料理、手芸、クラフト、
映画、読書、語学、各種セミナー、
ゲーム、音楽、映像、カメラ、楽器、各種スポーツ、
いくつもの趣味を持ち、
中途半端に関わっている人も多いと思います。
 
 
志向が増えれば、
それにまつわるモノも増え続け、
モノのせいで家は片付かず、
費やす時間もお金も増大。
とっ散らかった部屋はくつろげず、
本来やるべきことも手につかない。
ちゃんとやれないことで自己嫌悪に陥ったり。
 
そんなに抱えて、
自分を追い詰めるくらいなら、
やめればいい。
やめられないなら、
今一番好きなひとつに絞ればいい。
 
すると、
やるべきこととやりたいことのバランスが取れて来て、
優先順位も自然と分かるようになって来ます。
 
頭の中に大量にあったTO DOが、
余裕をもってやれる量になった時、
思考が整理されるとはこういうことだったのかと、
実感出来ると思います。