C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

「完璧」という呪縛を解く

メディアには、隙なく決めたオシャレな芸能人や、

誰もがうらやむ暮らしを手に入れたセレブなど、

表向き完璧に見える人しか出てはこないです。

そんな方々が、トレンドをけん引し、

それが消費につながるのが今の経済循環。

 

ところで、あなたは、毎日毎日、完璧ですか?

私は全然違います。

 

ファッションだけで見ても、服をたくさん持っていないので、

インナーとアウターのテイストが合っていないことや、

天候や行先に左右されて、

服と靴がチグハグなんてことはしょっちゅうです。

 

仕事は完璧にしたいという熱意はありますが、

相手あってのこと、自分の完璧と周囲の完璧には差があります。

 

忙しくて、家事も手抜きになる日もあります。

 

大多数の方は、完璧ではない、ほどほどな暮らしのはずです。

それでいいと思います。

 

保険を例にとると分かりやすいです。

どんなに備えても、完璧なんて、ないです。

 

すでに下記リンク記事でも書いたように、モノは一生ものではないです。

cestmavie.hateblo.jp

 

モノ以外でも、

仕事を変える、

結婚をする、

家族が増える、

経済状況が変わる、

病気をする、

老いる、

全てのライフステージで、衣食住に完璧を求めていたら大変。

 

時々、見ているこっちが息苦しくなるくらい、

表向きに完璧アピールをする人が居ます。

冒頭にふれたセレブの方々のように、

本人が無理をせずとも完璧に近い人は良いのですが、

完璧を目指すあまり、ツラそうな人、居ますよね。

そのツラさは自分の完璧主義からきているのだと気付いて、

少しでも楽になってほしいなと思います。

 

特に若い方は、夢を追いかけて頑張る方が多い。

素晴らしいことだと応援したくなります。

けれど、頑張り過ぎて、「過ぎている」ことに自分で気が付けないと、

ある日、プツッと糸が切れて壊れてしまうかも知れません。

そうなる前に、誰が許さなくとも、

自分で自分に、休息を許してあげてほしいです。

 

何もかもを完璧に、理想を目指さなくても、ほどほどでも十分満たされる心を持てるかが、

シンプルに楽に生きる秘訣だと思います。

 


にほんブログ村