C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

ミニマリストとシンプリストの違いはどこか?

ミニマリストと聞いて、どんな人を想像しますか?

 

独身。多くは男性。

もちろん子無し。持家無し。定住先無し。

職業は流動的かセミリタイヤか投資家かネット稼ぎ系。

取り急ぎの部屋には家具も家電もほとんどなくて、

最小限の身の回りのものだけで生きている人。

 

何も無い事に強くこだわり、かたくなな感じがします。

そうじゃないミニマリストさん、ごめんなさい。

私の持つイメージはこんな感じで、とっつきにくさを感じます。

 

もし私が独身で付き合ったとして、

彼女すらも要らなくなったと言われて捨てられそう(笑)

 

でも本当は、私個人はミニマリストに憧れています。

小さなトランクひとつで、世界中のどこにでも飛び立って行きたい。

けれども現実は、

私のような、家族持ち、子持ちだと、

ミニマリストよりも間口の広い、シンプリストがちょうどいいです。

家庭のお母さんがトランクひとつでどこかへ行っちゃったら、

単なる蒸発ですから・・・。

 

なれもしないモノになろうとしても仕方ない。

自分の宿命をさくっと認めて、

素直にシンプリスト、シンプルライフを楽しんでいます。

 

我が家にも、私ひとりなら、無くても暮らせるモノがたくさんあります。

例えばソファー。

テレビ周りを埋め尽くす、ゲーム関係やら映像関係機器。

趣味の道具の数々。

私は使わないけれど、家族が使っています。

 

家族の気持ちを無視して、全捨てするわけにはいきません。

いつも「これ、要るの~?」と聞いて回る私。(要ると言われて終了ですが)

家族に反論されないように、私個人の持ち物は増やさないように意識しています。

 

ミニマリストとしての自分にしか理解出来ない強いこだわり。

こだわりって、真逆な存在の各種マニアにも通じるものがあります。

ミニマリストもマニアも、

こだわっているという点においては、心持ちは似たり寄ったりと感じます。

 

ミニマリストでもシンプリストでも、

自分の基準で生きていけばいいかと思いますが、

周囲に不便を強いたり、

何もないこと、何にも誰にも縛られないことにこだわるあまり、

ひとりの大人として、社会貢献すら出来ないような人にはなりたくないと思います。

 

多くを持っていないからこそ、

しなやかに、心の余白に他者を受け入れることが出来る人、

他者の気持ちに思い重ねられる人、

そんな人が素敵だな思います。

 


にほんブログ村