C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

本当に役に立つ情報は、ごり押し情報に埋もれている

 

世の中にあふれる情報に迷い、右往左往するくらいならなら、

情報を集め過ぎないことがシンプルライフには大切。

下記リンク参考

cestmavie.hateblo.jp

 

 けれども例外もあります。

今回は、

役に立つ、本当に必要な情報は、

自分から掘りにいかないとダメってお話です。

 

一番分かりやすい例は、

お上の還付金、各種手続き関係です。

 

お上は、そもそもその存在を、

隅々までアナウンスしてくれません。

通販カタログみたいに、

どうですか?どうですか?とグイグイ来ません。

存在がひっそりし過ぎているし、

届出を忘れていても、わざわざ教えてくれない事が多いです。

そのくせ、

税金を払い忘れていた時は速攻チェックしてきて、

仕事早~と思ったり。

 

「聞かれなかったから答えなかった。」というのがお上の常套句です。

まことに不親切。

 

次の例。

保険を見直した時の事。

調べれば調べるほど、

TVCMの役立たなさにがっかりしました。

耳触りのいいCMを流していた会社は、

ネットの口コミの評判はだいたい下。

CMの好印象そのままで入った顧客は、

期待値が高かった分、

現実に怒っている顧客も多い印象でした。

 

生命保険会社の経営状態を判断する際に用いられる指標、

ソルベンシー・マージン比率も、

調べてみると青ざめる人も多いと思いますよ。

 

聞いたこともないような会社や商品が、

実はとても優れていたりもしました。

 

企業さんも、お上も、

一昔前のように、簡単に下々の者を騙せないことには、

とうに気付いているだろうと思います。

簡単に騙せる人=カモの絶対数が減っている今、

その人たちの目を開かせないために、

または、目をくらませるために、

もっともっと巧妙な宣伝を打ってくるでしょう。

 

私たち消費者は、

CMやメディアの偏向報道などに踊らされない賢さを身に付ける必要があります。

 

膨大な情報から、

自分に必要な情報に絞り、

そこからまたその真贋を見極めていく。

これは手間ではあるけれど、

余計なお金をかすめとられたり、

頂けるものを頂けず損をしたりしないために、

必要な手間です。

賢い消費者であることは、

これからますます必要になってくると思います。

 

本当に役に立つ情報は、

自らつかみに行きましょう。

納得するまで、調べましょう。

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村>