C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

成功する人はどんな人?人生がうまくいく人の特徴。

 

若かりし頃の、根拠のない自信。

それ故、若いと言うのかも知れません。

若気の至り。

今思えば、恥ずかしいふるまいもたくさんしてきたと思います。

 

40余年生きてきて、世界の広さを知るにつけ、

そんな田舎者の自信はことごとく打ち砕かれてきました。

 

どうあがいても、かなわない人が、

世の中にはたくさんいることを知りました。

 

仕事を通じて、自他ともに認める「成功者」という方々にたくさんお会い出来ました。

 

成功者の定義は人それぞれあるかと思いますが、

世間一般的には、

リーダーの肩書きを持つ、

社会的地位が高い、

桁違いに高収入である、

といったところだと思います。

 

そんなうらやましい成功者の方々も、

親の七光りを除けば、若い頃はたいてい普通の人でした。

 

ある人に伺ったお話し。

10代は貧しかったとか、

20代は独りで世界を旅して回ったとか、

30代は寝る時間がほとんどなかったとか。

 

よくよく考えてみれば、私も似たような10代から30代を生きてきているのに、

かたや、PRESIDENTに掲載されるような人物、

自分は、名もなき主婦・・・。

 

なぜこんなに差がひらいたのか?

 

私の知る限り、成功する人は、アイデアを思い立ったらすぐ行動にうつします。

じっくり計画を立てたり戦略を練ったりは、

行動しながら同時進行的にやっています。

 

私のような凡人から見たら、

えっ?もうやるの?早すぎない?と、準備不足が心配になるような場面でも、

迷うことなく、まずは取り掛かってしまいます。

 

失敗したり行き詰っても、

またそこから、違う枝をどんどん広げていき、

結果として、大きな木に成長させてしまいます。

そのスタートダッシュや、チャレンジ精神が、

多くの「普通の人」を巻き込み、味方に付けていきます。

普通の人たちは、成功する人のパワーに吸い寄せられるように、

力を貸してしまうようになるのです。

 

全ては、すぐやる、

ここから始まるのです。

 

著名人だと、ユニクロ柳井正社長も、こんな勢いをお持ちですよね。

スポクロとか、野菜販売とか、今は残っていないけれど、

とにかく何でもやってみるというお人のようです。

 

そんな「成功の法則」に気が付いた今、

私はリーダーの肩書きも社会的地位も別に欲しくないし、

雨露しのげてお腹も満たせる今の収入でも幸せだから、

桁違いの収入は望まないけれど、

私という普通の主婦の暮らしの中にこの法則を落とし込んで、

やるべきことはすぐにやろうと思っています。

まぁ、私のやってることなんて、朝のうちに家事を終わらせよう!とか、

そんなレベルですが(汗)

 

何かをやろうと同じ日に思い立ち、すぐやり始めた人と、

やらずにぐちゃぐちゃ考えているだけの人。

一日、一週間、一か月、どんどん差が開いていきます。

やろうやろうと思っているうちはゼロなんですよね。

ゼロとイチの、計り知れない大きな差に気付いたら、

初めの一歩を踏み出す勇気を出すだけですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村