C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

フライパンがあれば何でも出来る。(元気があればじゃないよ。)

 元気があれば何でも出来る!

と言ったのは、

昔、アントニオ猪木

今、松岡修造。

 

うちの母ちゃん(私のこと)は、

フライパンがあれば何でも出来る!と言う。

 

我が家は、

野菜を湯でたり、

パスタやうどんを湯がいたり、

トーストしたり、

焼き魚を焼いたり、

煮物したり、

鍋物までしちゃう。

 

料理をするのがそんなに好きではないし、

レパートリーも少ないので、

キッチン道具にこだわりがないというのもあります。

 

フライパンが大活躍してくれるおかげで、

魚焼き網や、土鍋や、寸胴鍋、

トースターやホットプレートといった、

食材や調理法ごとに存在する道具が無くても暮らしていけています。

 

もともと、

それらの道具も持っていましたが、

フライパンの方が使い勝手が良かったのもあって、

ほとんど使っていなかったし、

収納の場所だけとって邪魔だったので、

欠けたり、傷んだりして処分してからは、

補充しませんでした。

 

フライパンの使い勝手の良さは、

軽さでも決まります。

我が家のフライパンは、

何世代もコレ。

色が嫌いだけど、軽さと大きさが他には無いのです。

モノトーンに色チェンジしてくれないかな~。

 

f:id:cestmavie:20151005093907j:plain

f:id:cestmavie:20151005093847j:plain

 

32センチは底が平らで、焼き物に便利。

28センチは炒め鍋の形状です。

 

昨日は、32センチの方で、とんこつしょうゆ鍋を作りました。

麺は28センチの方で茹でました。

f:id:cestmavie:20151005100924j:image

 私個人の問題で、

鍋や焼き肉のように、

調理をしながら食べることが、

せわしなくて嫌いなので、

鍋も煮ながらではなく、

キッチンで盛り付けまでしてテーブルに運んで頂きます。

その方が、お母さん、落ち着いて食べられるんだもん。

あ、外食は別。

取り分けや調理もお任せ出来るお店へ行くのが楽しみ。

 

少し変わった家庭環境かも知れないので(^^;

息子には、世間はもっと色々持っているはず、とは、

話して聞かせております。

 

キッチン周りに限らず、

息子が体験したがったことに必要ならば、

道具でも器具でも、

モノを増やすことに寛容でいようと心がけています。

 

私自身も、

たくさんの体験を、モノ通じてしてきたからこそ、

今の自分、価値観になれたからです。

たとえ私がシンプリストでも、

子供から、実体験、手に触れさせる機会を奪わないように気を付けています。

というわけで、たこ焼き器もかき氷機も持っています(^^; 

 

 必要最低限の道具しかなかったキッチンに、

最近では、息子の趣味であるお菓子作りの道具が増えつつありますが、

全然OKです。

母に似ず、料理が好きなようで、

時々作ってくれるので、

密かにラッキーと思っている私です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村