読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

学校に行かなくてもいいよって、言えますか?

 

学校へ行きたくても行けない。

我が子がそうなった時、皆さんならどうしますか?

または、どうしましたか?

 

私が実際その立場になった時最初に思ったのは、

学校を休むと勉強が遅れる、でした。

なんという利己的な母親だったのだろうと今では恥じています。

 

学校と協力して行ける環境を整えたり

なだめすかしたり、励ましたりして、

なんとか学校へ行かせようとしました。

 

息子も、勇気を出して行ってくれました。

 

でも、

どんなに息子が勇気を振り絞っても、

今日という日にかすかな希望を持って登校しても、

新しい心の傷が増えて帰って来るだけでした。

 

いじめって、

どちらかだけが変わろうとしても、

終わらないです。

相手も変わってくれないと。

だから、もどかしく悔しかった。

 

しばらく頑張ってみて、それに気付いた私は、

「学校に行かなくてもいい」という結論に達しました。

 

勉強も色々な活動も、団体でなきゃ出来ないなんてことないし、

そもそも勉強って学校じゃなくても出来るじゃん?

自分の足で、自分の選んだ道を、生き抜く力を付ける。

それが子育ての最終目標だとしたら、

学校へ行くことだけが正解じゃない。

もちろん行ければそれに越したことはないけれど、

行けないんだったら、別の方法を考えればいい。

回り道でもいいさ~。

ハクナマタタ~♪

 

それからは、毎日、息子と遊びほうけましたね。

秋葉原へ行ってUFOキャッチャーをしまくったり、

美味しいスイーツを食べ歩いたり、

安い時期を利用して海外も行きました。

世界が広いということ、見せてあげたくて。

 

あなたの人生は、

こんな狭い街で終わらないよ。

世界中に、

あなたの友人となりえる人が待っているよ。

 

学校に捕らわれず、視野を広げてみたら、

私も息子も救われたのです。

 

そこから、息子は英語を真剣に学び始め、

食べ歩きがそうしたのか、料理に興味を持ち始めました。

アメリカ人のトレーナーさんと一緒に体を鍛えだしたので、

心も体も強くなり、自分への自信を取り戻していきました。

 

変わった、というか、

蘇った息子を学校の友達は目の当たりにして、

いじめっ子たちも変わりました。

もう、いじめのターゲットに出来ないと分かったのでしょう。

いじめは終焉したのです。

 

中2になった現在の息子は、

相変わらずのアキバ系ゲーマーですが、

マッチョで動けるオタクです(笑)

 

もしまた、学校へ行きたくないと息子が言っても、

もう私は慌てません。

息子は自分で乗り越える力を持っているから。

 

お読み頂きありがとうございました。

他にも子育て記事を書いています。

良かったら、サイドバーまたは

以下のリンクよりご訪問くださいませ。

私が仕事を辞めたわけ。ワーキングマザーがマザーになった話。 - C'est ma vie. シンプリスト

家庭の在るべき姿 - C'est ma vie. シンプリスト

子供と過ごせる時間は短い、お金には代えられない。 - C'est ma vie. シンプリスト

 

 
にほんブログ村