読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

40代ファッション、プチプラとの付き合い方はこう変わった。

私が若かった頃は、

今よりずっと服が高くて、

でも今よりずっと質も良かった気がするわ。

 

デパートで売ってるものは、

ちょっとやそっとじゃ、くたびれることなんてなかった。

父や母の洋服ダンスには、

何年も大事に着続ける洋服が掛かっていて、

その色、その柄が、

父や母の思い出の一部ともなっているくらいよ。

 

今は、洋服がとてもお安くなって、

買おうと思えばどんどん買えちゃう時代。

でも、どんどん買える服は、長持ちもしない。

プチプラを売る会社は、

どんどん買ってもらわなきゃならないから、

あえて質の悪い、

すぐくたびれる、すぐほころびるようなモノを売っているのかと、

疑ってるのは私だけじゃないはずよ。

 

でも、かくいう私も、

1、2シーズンで着倒す普段着は、

プチプラにもお世話になってるわ。

特にユニクロ様は、

素材はいまいちだけど、お安い割りに縫製は悪くないわよね。

 

さて、

40代になると、

悲しいことに、着る人間の素材の質が落ちてきて(爆)、

見てくれだけの、ペラッペラの洋服を着ていると、

老けが倍増しちゃうのに気が付いたわ。

若く見せようとして、

若者のファッションをそのまましちゃうと、

ギャップで余計歳が目立つのと一緒。

それ、ホラーよ~((((;゚Д゚)))))))

 

それからカッティングも、

若い人向きのお店のカッティングは、

どこか体に合わなくなってくるのよね。

 ジーンズにしても、

私の制服とも言える黒いパンツにしても、

やっぱり40代には40代向きの、

カッティングや素材ってあるのね。

 

でも、はじめっからお高めのお店で買っちゃって、

思ったほど着なかったりしてももったいないじゃない?

 

私はそういう時にこそ、

プチプラショップを利用するの。

そのアイテムが本当に自分のワードローブに必要かどうかを試すのよ。

色、形、着心地など、

プチプラを着倒す間に、

たくさんのデータを自分の中に取り込んで、

求める条件のしっかりとしたビジョンを持って、

「より良いモノ」を買い物するための予習として、

プチプラアイテムを使うの。

 

 次々に流行の服を売り出すプチプラショップだけれど、

40代の私にとっては、

プチプラは流行を追うための手段ではなくなったわ。

 

ハイブランドとの付き合い方が変わった話も、

そのうちするわね~。

 

Je suis Paris.

Je prie pour Paris.

f:id:cestmavie:20151117092547j:image

 


にほんブログ村