読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

片付けられない人の抱える問題点

シンプルな思考・行動

私には姉がおります。

 

同じ親から生まれても、

こんなにも趣味、気質が違うもんかと思う程、

中身は似ていませんが、

基本、仲良しではあります。

 

どっちかっていうと、

叶姉妹のように、

姉が天然お姫様で、

私がフォローする感じで育ってきました。

 

今は隣県に住んでいるので、

盆暮れくらいしか会えないけれど、

LINEでしょっちゅう会話?しています。

 

姉は片付けられない歴が年齢と同じでして(^-^;

そこも私と正反対。

ゴミを溜め込んでしまうような汚部屋ではないですが、

物の分別や住所付けが苦手なよう。

いつも私が行った時に、

片付け祭りを開催していますが、

今は子供も居るので、

ひとりでも何とか片付けようと頑張っています。

 

私のこのブログも読んでいて、

なにやらちょこちょこ片付けては、

画像を送信してきます。

 

ある日のビフォー

f:id:cestmavie:20151205211438j:image

 

画像を見て遠隔で、

ああしろこうしろと指示。

そんな感じで片付ける日もあります。

 

アフター

f:id:cestmavie:20151205211457j:image

 

姉の部屋が、

絵に描いたような、

典型的な片付けられない人の部屋なので、

そして、それを何とかしようと奮闘する姿が興味深いので、

「汚部屋片付けブログでもすればいいじゃん。」と言ったら、

ブログを続けるという行為が難しい、らしい。

~しなければならないという気持ちが膨らみ過ぎると、

パンクして元々よりひどくなっちゃうらしい。

 

この間のやりとり↓

 f:id:cestmavie:20151205211533j:image

 

なんか、片付けられる側にしたら、

「そこからっ?」って回答ばかりで、

思わず笑っちゃった。

でも、

片付けが苦手な人からは、

もしかしたら共感の嵐かも知れませんね。

 

どれもこれも、

そんなに苦労なく出来る側としては、

こういう気持ちや問題点に

気付いていない場合が多いのではないかと思います。

 

出来る人が一時的に手伝って片付けたとしても、

それは人力で何とかなっただけで、

本人の苦手とする問題が解決しない限り、

リバウンドを繰り返すことになると思いました。

 

しかも、

片付けのリバウンドの数が増えれば増えるほど、

片付けられない人たちは、

自分への「片付けられないレッテル」を強くしてしまうかも知れない。

やる気があるのにうまくいかないって、

やっぱりへこみますもんね・・・。

 

もし身近に片付けられない人が居て、

どうにかしたいと考えているのなら、

片付けは苦痛ではなく、

片付いた先の綺麗な空間を想像したら、

楽しいものなんだって、

夢を持ってもらうことからだな~と思います。

 

ちなみに姉の夢は、

「ニューヨークブルックリンスタイルの部屋」だそう。

 f:id:cestmavie:20151205211700j:image

が、がんばってください。

 


にほんブログ村

こんな記事も書いてます。

cestmavie.hateblo.jp