読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

子供の作品の整理は難しい、でもこんな方法もあります。

子育て

子供が作ってくる作品の数々、

年齢ごとに成長が分かるし、

ひとつひとつに思い出がよみがえって、

なかなか整理することが出来ない人が多いと思います。

 

例にもれず、私もそうです。

 

保育園に入ってから今まで、

10年あまり。

保育園時代のあどけない作品の数々から、

学校へ上がってからの成績表や、がんばったテスト、

もちろん作品群も、

たくさんあるんです。

 

うちでは、平面的な作品は、

大型の押し入れ収納ケースにまとめて入れています。

立体的なものは、ケースに入れているものは少なくて、

家の要所要所に飾っています。

 

何でもかんでもとっておくわけにもいかないので、

このケースに入るまでと決めてはいます。

 

当初、嵩張る物がどんどん増えて心配でしたが、

学年が上がるにつれて、

嵩張る作品はあまり作らなくなりましたね。

そういうものは、保育園、小学校低学年の方が多かったように思います。

 

今はまだ、お子さんが小さいお宅のお母様、お父様、

そのうち作品も平面が増えてくるから安心してください(^^♪

 

無理に手放すことは、私はしませんでした。

それでも何度か、整理をする機会もありました。

その時、私がした事は、

もしかしたら、

子供の作品整理に悩んでいる方のヒントになるかもしれません。

 

それは、

母親が選んで残すのではなく、

子供に選ばせること。

 

自分の作品をずら~と前にして、

「ケースに収めたいから、どれをとっておきたい?」って尋ねると、

意外と子供は、バッサバッサと仕分けていきます。

親が気に入っているとか、思い入れがあるとか、

そんなこと、子供は知ったこっちゃないって感じなんですね(笑)

 

親が作品の出来映えを基準に選ぶのと違い、

子供は、その作品の制作過程で感じた感情を含め判断しているようです。

これはどういうことかと言うと、

制作中に友達から嫌な事を言われたとか、

それを作った時の先生が好きか嫌いかとか、

教室全体の雰囲気とか、

そういうものです。

モノそのものではなく、

モノにまつわる想いがあって、

悪い感情を思い出してしまうものは処分、

そういう仕分けの基本を、

子供は本能的にやっているのだと思います。

 

やはり持ち主である子供が仕分けた方が、

母親の感情が邪魔をせず、

圧倒的にうまくいくな~と思いました。

 

子供が要らないと判断したものでも、

親の私がどうしても可愛くて捨てられないものだけ、

「老後の楽しみ。」と言って、

いくつかケースに入れたものもあります(^^;

 

老後の楽しみBOXは、

息子と私が選んだ宝箱。

その工程も含め、

思い出深いものとなっています。

 

この時期、毎年我が家を飾るクリスマス飾りは、

保育園時代に息子が作った可愛い作品たちです。

f:id:cestmavie:20151207054349j:image

 

もう何年も、クリスマス飾りはほとんどこれだけです。

大きなツリーもイルミネーションもうちにはないけれど、

息子の作品以上に飾りたいものもないのです。

 

今年は私が作ったワイヤークラフトも、

一緒に飾らせてもらうよ~。

f:id:cestmavie:20151207054422j:image 

 

皆さま、よいホリデーシーズンとなりますように。 

 


にほんブログ村