読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

出しっぱなしでもいいじゃない。

 しまうしまうしまう・・・。

 

収納や片付けの指南本に呪文のように言われ続けて、

しまわなきゃならないという概念に、

苦しんでいる方、

多いですね。

 

片付けられない、

モノを減らせない人ほど、

この言葉で自分を追い込んでいるような気がします。

 

たしかにしまっちゃえば、

見た目にはスッキリで目にもうるさくない。

掃除もしやすい。

 

しまう場所があるならしまえばいいし、

出し入れが面倒じゃない人は、

それが一番きれいに暮らせると思います。

 

しまい方に散らからない秘策なんてなくて、

しいて言うなら、

ギュウギュウ詰めにきっちり納めない事、

モノとモノの間にスペースを取る事かと思います。

こうすることで、出したり戻したりが楽で、

しまうのが面倒ではないので、

結果として散らかりにくいです。

 

モノが多すぎた頃は、

この誰でも出来る散らからない秘訣に、

気付けていなかったですね。

 

ところで、我が家は、

家の中の8割方のモノは、

使う場所にしまっていますが、

残りの2割のモノは、出しっぱなしです。

だって本当に頻繁に使うし、

家族の誰もが探さずに済むし、

消耗品ならひと目で減り具合が分かるからです。

 

40代手前までは、

日本の日用品のパッケージビジュアルのダサさにうんざりして、

見た目の良い容器に入れ替えたり、

見栄えの良いカゴやら箱やらにしまったりしてましたね~。

昔は、恐怖!カゴ女箱女水木しげるの妖怪漫画に居そう)でした。

 

このごろは、なんかそんなこと、

どうでも良くなってきちゃいました。

歳ですかね(^^;

こだわらないことの方が、よっぽどシンプルな生き方だなと。

 

うちのトイレはこんな感じ。

 f:id:cestmavie:20151210172725j:image

トイレットペーパーも並べ方でひとつで何となくアート?

息子の友達に好評(^o^)

 

洗濯機の近くはこんな感じ。

f:id:cestmavie:20151210171542j:image

しまえる場所も無い事はないけれど、

家族の家事参加を促すために出しっぱなし。

息子には毎日夕方、自分の部活の衣類を洗濯させてます。

 

キッチンには息子の常備菜、フルグラが出しっぱなし。

なぜかしまうと食べないから。

f:id:cestmavie:20151210171613j:image

 

これでいいの。

気楽に、心軽く生きたいので。

 


にほんブログ村

関連記事デス、良かったら。↓

cestmavie.hateblo.jp