C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

【おもちゃのお片付け】こどもがひとりでも片付け出来る収納方法で散らからない。

おはようございます♪

何でもない週末バンザイ\(^o^)/

毎日をポジティ部に過ごしてますか~?

 

おねえちゃんのお片付け記事、

お正月スペシャルもラスト2回です。

最近私のPC、

「お」を変換すると、「汚」が出るよ(笑)

 

前回、クロゼットから抜いたこの収納ケース。

f:id:cestmavie:20160107090045j:plain

 

これを使って、

甥っ子のおもちゃを分類しながら収納します。

 

場所は、上の画像に写っている収納庫。

ここは、前回整理したクロゼットのすぐ隣にあります。

そして、子供カーが写っている所が、

リビングへ続く出口。

今までのおもちゃ置き場(リビングのテレビの周り)とは

ものの3歩くらいしか離れていないので、

動線もほぼ同じで、チビッコも変化に戸惑いません。

 

まずはビフォーの全体像。

f:id:cestmavie:20160107090137j:plain

 

姉もここの下段に、

トミカサーキットのようなかさばるおもちゃをしまっていました。

上段はお布団やリネン類。

案の定、遊んでる空間が(笑)

現状の奥の方に、

収納を上下に分ける棚が入っているのが見えますでしょうか?

これは元々使っていた上段へ戻し、

その上に布団類をしまいました。

 

下段には先ほどの収納ケースを入れて、

重たいプラレールの車両を最下段に、

その上の引き出しにプラレールのレールや、

駅舎などのパーツを入れていきました。

 

甥っ子にとって、プラレールの車両は一番のお気に入り。

今まではカゴ様の入れ物にガサっと入っていたので、

目的の車両が見付けにくく、

探すのにカゴをひっくり返すから、必要じゃないものまで出ちゃったり。

引き出しならば、自分で探しやすいし、しまうのも簡単です。

 

引き出しの横に、

サーキットなどを入れていきます。

化粧箱に一回一回しまうおもちゃは、

甥っ子が自分で出して来て遊べるように手が届くところへ。

まだ手が届かない所には、

たまに「あれ出して?」と言われて姉が出してあげるおもちゃをしまいました。

 

おもちゃもまた、頻度によって場所が決まるのですよね。

 

アフターはこうなりました。

f:id:cestmavie:20160107090246j:plain

 

引き出しで奥行きを有効利用できたので、

収納力は上がってはいますが、

それ以外の場所では、無理して奥まで詰め込まず、

奥は空間だったりします。

クローゼットの扉を開けたらすぐに、

目と手が届く収納が一番。

 

プラレールトミカは、

うちの息子のお下がりも多い。

かつて我が家も、これらに占領されていたなぁ~。

当時は、片付かなくてイライラするし、

色もカラフルで目が回りそうだし、

あ~もうっ嫌!!と思ったこともあったけど、

今思えば、そんな時代もあったねと~、

いつか話せる日が来るわ~♪

中島みゆき・時代)

大事な時間だったと思いますよ、ホントに。

 

今、おもちゃジャングルに悩むお母さんたち、

そんな気持ちの余裕を持ちつつ、

子供の世界を見守ってあげてほしいです。

 

次回はいよいよ最終回。

泣くか笑うか、お楽しみに。

 


にほんブログ