C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

【シンプルに考える収納】しまってもいいものは、どんなもの?

この記事は、

以下の過去記事の続きになります。

良かったらリンクもお読みくださいませ。

cestmavie.hateblo.jp

 

家の中には、

色々な収納場所や家具、収納グッズがあります。

押し入れ、洋服クロゼット、物置、

大きな収納ケース、タンスの引き出し、

キッチン収納。

 

モノを、

どうしまうか(HOW)

どこにしまうかは(WHERE)

その家ごとの暮らし方でベストを探していけばいいと思います。

 

ですが何をしまうか(WHAT)は、

過不足無い暮らし、シンプルライフにおいては、

一定のセオリーがあると思います。

 

そのセオリーとは。

「使うものをしまう」です。

 

そんなの当たり前じゃんと思われました?

 

押し入れの奥や、

外に置いた物置に、

何年も何十年もそのままのモノがしまわれていませんか?

 

なぜ使うモノをしまうのか?

その理由は簡単です。

 

使うモノは絶対取り出し、決して死蔵品にはならないからです。

 

私は収納において一番大切なのは、

取り出す時を意識することだと思っています。

 

大きな段ボールに詰め込んで、

ガムテープをして、

クロゼットの奥深くにしまっちゃったモノなんて、

どうやって、いつ取り出すというのでしょう。

 

それは、収納と呼びません。

家の中での廃棄です。

 

外のゴミ捨て場に置きに行くか、

一生家の中の廃棄場所に置いておくのかの違いです。

 

大きな収納空間ほど、

廃棄場所になりやすい。

もったいないです。

 

出来れば、

家中の収納を一旦全部空にして、

一番使いやすい場所から順に、

よく使うモノを入れていってみるといいです。

入らなかったモノ、

取り出しやすい場所には入れたくないと思ったモノ、

それはたぶん、

おおかた不要品です。

 

捨てましょう。

 

凪 


にほんブログ村