読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

ブランディアチャレンジ。その衝撃の査定額公開。

 

少し前に、

汚っと(夫)が汚部屋を片付ける気になったという記事を書きました。↓↓↓

汚部屋住人の心を動かしたのは、共感力のある言葉だった。 - C'est ma vie. シンプリスト

 

その後、ブックオフへ本とCDを売り、

2800円くらい頂いた♪

でもまだまだ、20世紀の遺物がたくさんあります。

 

ファッションに関して、

男性は、女性ほど流行が目まぐるしくないし、

大人になっちゃえば体型が激変することも少ない。

(女は妊娠出産とかあるしね。私は中年太りダヨ)

 

ウチにも、気付けば、20年物とかある(-_-;)

そして、着ないくせに、

傷んでいないからと捨てずに持って置く。

 

うちの夫もいい歳(R45)だから、

いくら着れちゃうからって、

20代の頃の洋服をそのまま着るのはイタダケナイ。

そもそも、そういうのは放置してあって、

近年買った、楽なユニクロとかばっかり着ているんだから、

絶対、要らないと思うんだよね~・・・。

 

そこで、高かろうが安かろうが、

査定額を見て気持ちが動くかも知れないと思って、

ランディアさんに箱送ってもらいました。

 

 f:id:cestmavie:20160202083708j:image

 

 箱でかっ!?

猫がザワザワしていますwww

 

ランディアさんの評判は、ネットでも良く見聞きしてました。

一番いいなと思うポイントは、

往復送料無料、査定も無料というところですね。

金額を見て売るのをやめても、

お客は1円もかからないんだから、

こりゃすごい企業努力ですよ?

 

しかも査定額を2か月保証してくれるという!

一旦返送してもらって、また売りたくなったら、

2か月以内なら最初の査定額が保証される。

ということは、ゆっくり検討する時間も頂けるし、

他の買い取りに査定を出すチャンスもあるわけです。

 

よほど査定額の高さに自信が無いと、

このサービスは出来ないと思う。

やっぱりブランディアが一番高かったって、

戻ってくる事も見越した査定額を出してるってことだもんね。

 

私のモノも合わせて、我が家から19点、

古いブランド品や服、靴など送ってみました。

 

写真は貼りませんが、

金額が付きそうなモノは、

グッチのローファー、

ヴィトンのバッグ、

シャネルのネックレスくらい。

あとは、一応買い取り可能ブランドに入っていた洋服や靴と、

18金のブレスレット。金1g程度の安物。

正直、2万円位になればいいな(^^♪程度の気持ちでした。

 

お荷物到着メールから二日後、

査定完了メールを頂きました。

 

え~、たったの1万円か~って一瞬がっかりして、

 

 f:id:cestmavie:20160202083919j:image

 

よく見たら、

一桁違ってる!

じゅ、十万円!?

ま、マジか!

 

高額査定が付いたのは、10年前のシャネルのネックレス。

10万位の定価だったかな?

それが5万3千円の査定。

コスチュームジュエリーで、

リアルジュエリーでも無いのにこのお値段。

シャネル、恐るべし。

 

ヴィトンのバッグも、結構使い込んでいましたが、

3万円以上の査定額。

これも円高の安い時に買ってるから、

実質3割戻ったような感覚。

ヴィトン、恐るべし。

 

中のロゴも消えるくらい履いていたグッチのローファーは、

1400円付いていました。

 

18金アクセサリーは金の相場でしか買い取らないのかと思ったら、

新品で箱なども付属して送ったからか、

製品としての付加価値も査定に含んでくださってました。

 

逆に、予想通り、

洋服はハイブランド以外は、

元がそこそこ高いブランドでも二束三文。

まとめての買い取りになるモノが多かったです。

 

やはり、ハイブランド強し!

中古市場のモノの価値は、

一にも二にも需要があるかどうかで、

いくら状態が良くきれいでも、

欲しい人が居なければ無価値ってことですね・・・。

 

それを実感するとともに、

モノは使ってこそ価値があるのだから、

使ってあげられないのなら、

持ち続けても、価値がどんどん下がるだけ、

なるべく早く手放すべきだなと思いました。

 

夫も査定額を見て驚愕していました。

それは、自分が20年から持ち続けたモノの市場価値が、

「その程度」だったからですけど(笑)

少しは心に響いたかな。

お片付け初心者ですからね。

まだまだこれから。無理強いもしません。

千里の道も一歩よりです。

 


にほんブログ村