読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

【40代シンプリストがやめた事・モノ】ピアスをやめました。

 

私の持ち物は、現在、数はだいぶ減ってきています。

それでも、過去に「何となく」可愛いで買ってしまって、

「何となく」綺麗だからと持っていて、でも使ってもいなくて・・・。

そういう、なぜ持ち続けるのかの理由が曖昧になってしまっているモノが、

まだまだあると思います。

 

「とりあえず」と並んで、

「何となく」意外とこれも曲者キーワードですね。

 

今ある自分の持ち物について、

なぜ持ち続けるのか、なぜ手放すのかを熟考し、

これから共に歩むモノたちを、自分の中で、理由まで明確にしていきたい。

そんな気持ちから、持つ持たないを、検証していこうと思います。

同じく行動についても、検証していきます。

 

題して【40代シンプリストがやめた事・モノ】シリーズです。

よろしくどうぞ~(^^♪

 

まずは、持ち続けないと決めたモノ。

それはピアスです。

 

高校卒業時に、親の許しがようやく出て、ピアスの穴を開けました。

それから4半世紀も経っちゃったんだ~(^^;

当時は、

イヤリング=子供、ダサい

ピアス=大人、オシャレ

という認識。

時代的にもどんどんピアス人口が増えていき、

今やアクセサリー屋さんでは、

ピアスの方が圧倒的に多く売られていますよね。

デザインもピアスの方が自由度が高く、オシャレなモノが多いと思います。

 

でも、やめました。

 

ここ何年か、ピアスを付けると耳たぶがシクシク痛むんです。

かゆみを感じたり、ジクジクしたりする時もあります。

体の中に異物を入れることへの拒絶反応が、強く出ています。

 

お化粧品でも過敏になり、

若い頃は何でもなかったのに、年齢とともに抵抗力が下がっているのだと思います。

毎回そんな思いをしてまで、ピアスをする意味はないな、と。

 

それと、ファッション的にも、

さりげなさがいいなと思っていたピアスのデザインより、

もっと「付けてます!」って主張するようなイヤリングの存在感の方が、

40代後半にさしかかる私には、しっくりくるような気がするんですね。

 

これはたぶん、若いかたには分からない感覚だと思います。

どうせ付けるなら、ドンっと、大きく存在感がある方が、

チープ感や手抜き感が出ないんですよ。

 

マダムが大きいジュエリーを好んで付ける気持ちが、

少し分かってきました(笑)

全身ゴテゴテは、まだしませんけどね。

 

ということで、いつくか残していたピアスは全部手放しました。

(写真撮り忘れた)

衛生的に、リユースするのは気が引けるので、捨てちゃいました。

 

アクセサリーも、まだひとつひとつ検証が必要ですが、

今これくらいの量。

 f:id:cestmavie:20160209103103j:image

シャネルのパールネックレスは、

この間、ブランディアさんに売っちゃったやつで、もう処分済みでーす。

 


にほんブログ村