読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

子育ては青春の追体験。思い切り、悔いなく、どっぷりつかってやろうじゃない。

子育て

 

卒業シーズンですね。

息子の中学校でも、3年生が卒業していきました。

ガランと静かになった3年生校舎を通ると、

優しかった先輩方への感謝がこみ上げてきます。

いつも明るく、面倒見がよく、後輩の風上に立って守ってくれた先輩方。

息子たちの憧れ、目標でした。

もう学校には居ないと思うと、うそのような夢みたいな気持ちです。

連休明けの火曜日、またワイワイとうちの前を登校していきそうな気がします。

でも、もうそんな姿も見られないんですね。

どの子にも、輝かしい未来が開けていくことを願うだけです。

 

来年の今頃は、息子たちも中学を巣立っていく。

想像しただけで寂しい。泣くだろうな。

2年間はあっという間でした。

子供の成長の早さに、しんみりとしています。

 

自分が中学生だった頃に考えていたこと、覚えていますか?

まだまだひよっこのくせに、

大人と変わらないと自負していたように思います。

いっちょまえに大人と議論したり、反論したり、

大人のする事の矛盾を指摘しては、鬼の首を取ったように勝ち誇ったり。

大人扱いして欲しくて仕方ないくせに、

大人と反目するという、

どっちなんだ(^^;という時代が青春時代かなと思います。

 

今の物事のとらえ方で、知恵や経験をもってして、

あの頃の自分に戻れたら、

どんなにか上手くやれるだろうか。

様々な壁や諍いや挫折も、もっとすんなりと乗り越えられるだろうになと思います。

 

たくさんのかき捨ててきた恥や後悔があります。

謝りたい人や、もっと大切にすればよかった人がいて、

勉強や技能や運動だって、もっともっと頑張れたよね。

 

そういう遠い昔に置き忘れた気持ちを、

今、息子の子育てを通じて追体験しているように感じます。

 

部活でしごかれてグチグチ言ったり、

友人関係ですったもんだしたり、

親友と子犬のようにじゃれ合ったり、

苦手な勉強も頑張って取り組んでテストの点が上がったり、

そんな息子の生活に寄り添っていることで、

自分の中にあった青春時代のしくじりが、許されていくような気がするのです。

 

あ~気が済んだ、というか。

 

当時の自分より、息子の方が断然いい子なんですよ。

(私はクソガキでしたから)

息子を真っすぐ育てることで、自分も育て直しているような感覚です。

 

それと。

自分が体験出来なかった「男の子の青春時代」を初体験出来てます(笑)

これがまた楽しくてね~。

かつて女子だった頃、なんで男は???って思っていた疑問や不満、

とりわけ恋愛に関する事(笑)

男の子を育てていると自然と答えが出ます。

あ~、これが男というものか、とね。

女とはぜっんぜん、優先するものが違うんですよね。

 

f:id:cestmavie:20160318211557j:plain

 

起きている時は、男らしくなったなぁ~って思うのに、

一日頑張りぬいて寝落ちした顔が、幼い頃と変わらない。

いまだに可愛くて仕方ありません。

 

こんな体験をさせてくれる息子と息子の仲間たちに感謝です。

 

f:id:cestmavie:20160319073837j:image

 

昨日夕方、また急に、部活のお泊り合宿になりまして(^^;

今朝は有りもの で朝食、寮母さんです。

 


にほんブログ村