C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

新入学、新学年、新学期目前。子供を守るために、親として、学校とどう付き合うか。

最近の学校は、

ネットから自分を守るためのスルースキルを、

口をすっぱくして子供に説いてるわ。

大人もよく分かっていない底知れぬネット社会の怖さ。

ちゃんと子供たちに言っときましたから、っていう通り一遍のパフォーマンスにも感じるケド、

まぁ、やんないよりはマシね。

その一方で、

誰とでも仲良くしなさいと教室(リアル世界)では言う。

 

大人だって誰とでも仲良くなんて出来ないのに、何で言うのかしら?

そうしろと言うなら、

苦痛なく、誰とでも仲良く出来る方法を教えて欲しいわね。

そんな方法なんて無いのに、

大義だけ、でっかいのよね。

 

私は、誰とでも仲良くなんて出来ないから、

出来ないことを子供には教えられなかったわ。

 

昔、うちの息子がクラスメイトにさんざんイジメられた時、

「相手にするな、反応するな。付き合うな。」と徹底したスルーを教えたわ。

だって関わると傷付けられるんだから、

逃げるしかないじゃん。

どういうメンタルなら、こんなやつらと仲良く出来るのさ。

 

あの頃、親子して、毎日本当に辛かったわ。

でも、イジメ地獄からの生き延び方は、

学校では教えてくれなかったよね・・・。

 

学校という場所は、

勉強を教える場所という事を除けば、

「訓練の場」だと思うの。

 

社会に出たら、理不尽なことで怒られたり、

間違っている事にもYESと言わなければならなかったり、

それこそ、仲良くなんてないのに、上手く立ち回らなきゃいけなかったり。

大人には楽しい事も多いけれど、

子供時代の比にならないくらい、

まぁ、メンタルの強さが求められるじゃない?

 

そんな世界にポーンと放り出されて、

ポキっとあっけなく折れちゃわないように、

学校という訓練所で、

様々な問題に対応するスキルを身に着けていくのよね。

大人社会の問題の多くは、矛盾を抱えていて、

大人が子供に説く「正論」では解決出来ないからね。

 

子供の世界は、大人社会の鏡。

パワハラ、陰口、無視、新人いじめ。

大人社会にはびこる人間関係の問題は、

子供たちにもそのまま伝染している。

大人だって解決出来ない問題を、

誰とでも仲良くしましょう的な理想論で、

子供の純粋さに訴えて解決しようなんて甘いわ。

純真がゆえに、信じて結局裏切られ、傷を深くするのに・・・。

そんな付け焼刃、やめてほしいわ。

 

先生も人間だし、

言ったら、私たちなんかよりずっと若くて、

何だか頼りない方や、

熱さが空回りしてる方もいるわ。

それにとてもお忙しい立場。

問題が起きた時、全面お任せするっていうのは、

ちょっと危険だわね。

 

子供の問題は、やはり親が、先導して対峙していかないと。

学校がなんとかしてくれ、ないわ。

 

こんな事書いていると、

私は学校や先生を嫌っているみたいに聞こえるけれど、

嫌ってはいないし、PTA活動などに参加して、良好な関係を保っているわ。

信頼すれど信用し切らない、という感じかしら。

なれ合いも対立も、しない。

 

学校に対しては、

校内の事には、極力、口は出さずとも、

「子供と学校をしっかり見ている親」という印象は、つけておいた方がいいわ。

 そういう親の態度が、

学校の襟を正す事につながるから。

無関心が一番怖いわ。

 


にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp