読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

震災を見聞きして。大きなモノも小さなモノも、無駄なモノは何ひとつ家に置いておかない。

 

また、地震が起こりました。

日本はどこも安全じゃない。明日は我が身かも知れない。

被災された皆様の生活が、一日も早く落ち着かれます事を願っております。

微力ながら、何か出来る事で、被災地支援をさせて頂きます。

 

私にとっては東日本大震災が、

身辺を整理してシンプルに生きる事に拍車をかけた出来事だったのですが、

人は慣れるというか、忘れる生き物ですね。

あの時、家族と離れ離れの場所で揺れにおののきながら、

子供の無事だけを祈っていました。

大切にしていたモノ(物体)のことなんて、頭に浮かびやしなかった。

危機に面して、

当たり前にある事が、いかに幸せでかけがえのない事かが浮き彫りになるという体験でした。

 

それから、コツコツと家の整理(処分)を続けてはいますが、

平和な時が続くと、

また今度でいいか、とか、

ちょっと面倒だから後回し、とか、

先延ばしの悪い癖が出てしまいます。

 

どうでもいいゴミ同然のモノは、手放すのに苦労はしません。

けれど、吟味を重ねて、かなり持ち物が減ってからのさらなる選抜には、

断捨離初期の頃とはまた違った困難が伴います。

いくつかある愛着のあるモノの中から、より良い「一番」を選ぶのって大変なんですよね。

そんなわけで、どうしても自分に甘くなるんですよね。

 

災害をまた見聞きして、再びあの時の気持ちを思い出します。

命さえあれば。

 

そしてまたひとつ学びました。

手放すと決めたら、すぐ、今日、今週、やろうって。

今までは、リサイクルに出すモノも、ある程度溜まってから持っていこう思っていましたが、

そんな事している猶予期間も場所も無駄だなと。

 

家の中の安全を整えておく事は、私が家族に出来る有効な災害対策でもあります。

私本人にとっても、やりかけたままのモノがあると、

何となく頭の中に何かが引っかかっているような気持ち悪さがあるんです。

家の中が整っていると、精神的にも、どんっと一本、安定するような気がするのです。

 

さぁ、今日もやろう、と思います。

皆さんも、やりましょう。

 


にほんブログ村