読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

40代シンプリストとしての自分らしさは、これまでのマキシマムな生き方からの贈り物。

 

40代後半に突入する私。

30代の終わりまでは、暮らしのモノの多さだけではなく、生き方がマキシマムでした。

職種は3つ4つ掛け持ち、子供の行事も絶対参加、PTAもやり、イジメとも戦い、自分磨きも頑張って・・・。

今考えると、まぁよく頑張れたもんだと。

あの時代は、仕事も子育てもオシャレも余暇も美容も、

何もかも充実させたい一心で、人生の全部を取りこぼしたくなくて、

大荷物を抱えて必死に走っていたんだなぁ~って思います。

 

私は悩みがあっても人に相談する事を(ほとんど)しないので、

今の状況が自分にとってGOODかBADか、答えがYESかNOか、

いつも自問自答を繰り返していました。今もします。

でも、自問自答、それが良かったんだと思います。

 

悩みって、人に相談することで、自分の心が一時的には軽くなる事はありますが、

ズバリ解決するような答えが出るものでもない。

本当に自分に必要な答えは、自分との深い対話の中でしか見つからないと思うのです。

周囲の人からもらう言葉は、自分の答えにたどり着く為のヒントではあるけれど、

その言葉を答えにしちゃうのは性急過ぎる。

七転八倒、紆余曲折して自分で絞り出した答え、結局はそれが一番正解に近いと思います。

 

マキシマムな時代でしたが、

今の自分から見れば、やはり30代まではとても若くてエネルギーに溢れていた。

あの時代までに、色々なことに貪欲にチャレンジして、

トライ&エラーを繰り返しておいて良かったなぁって本当に思います。

 

f:id:cestmavie:20160427112740j:plain

 

 たくさんの経験、悩み苦しんだ時に導き出した解決方法が、私の中にノウハウとして蓄積されています。

その経験値があるので、今はあれこれと回り道しなくても、

最短距離で自分にあった答えにたどり着けています。

しかも、無理なく自然体で。

今の暮らしは、目に見えるモノだけじゃなく、悩む時間もミニマムなのです。快適です。

 

心と記憶に根付いた雑草のような強さと孤高の魂は、

ゆるやかに老いて弱っていく体を補うのに十分すぎるエネルギー源となるでしょう。

だから歳をとることなんて、怖くもなんともない。

毎日、一日が始まるのが楽しみです。

 


にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp