読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

家族でシンプルに生きるには、モノの出入り口をしっかり認識しておく。

シンプルな思考・行動

 

生活していると、日々モノが家を出入りし続けるのは至極当然の事。

それは、自分の意志で、好んで入れる時もあれば、

好むと好まざるとにかかわらず、

家族や周囲との関係によって、入ってくるものもあります。

 

私もシンプルライフ歴もだいぶ長くなり、

「自分で入れる」行為にはだいぶ慎重になったので、

私物や私が管理している家庭用品などは、

自然と増えるなんていう謎な事件は起きなくなってきました。

 

けれど家族と暮らしている以上、知らないうちにモノって入ってるんですよね。

家族はシンプリストでもミニマリストでもないし、

それをあまり強制はしたくありませんので。

 

夫はけっこうプレゼントをもらってくる人で、

それが食べ物だと私はうれしい(笑)

でもモノだった場合は、だいたい放置プレイになるんですよ・・・。

もらって終わりで使う事はほとんどないですね。

なので、そういうモノは綺麗なうちに申し訳ないけれどリサイクルさせてもらいます。

 

息子には、若いうちに色々な事をじゃんじゃんやって、

たくさんの経験値(ドラクエみたいね)を積んでほしいので、

経験に伴いモノが増えるのは、私としては許容出来ています。

 

家族持ちのミニマリスト志願者や、シンプリストは、

自分だけじゃなく、

家族のライフスタイルからも、モノの出入り口を把握しておくことで、

我が家の傾向がつかめてくると思います。

 

モノに足が生えているワケじゃないので、

勝手には入って来ませんし、

もちろん勝手に出て行ってもくれません。

自分の知らないうちに、あっという間に住空間を侵食されてしまう( ゚Д゚)

そういう気分になった事がある人も多いのでは?

 

体と同じで、入れたら無駄なモノは出さないと、

家も病んでしまいますね。

家が片付かないと気持ちがすさむ、ヤル気がなくなる、

するともっと散らかる、これこそ汚部屋病。

負の法則にはまってしまいます。

 

入り口でせき止める事が難しい家庭環境でも、

出口まで滞りなく誘導出来たらいいですね。

 


にほんブログ村