C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

洋服を減らす。方法論よりもまず大切な事。

 

40代シンプリストとして、洋服を減らす方法や、少ない服で暮らす着回しを提案しています。

 

ここ数年、空前の減らすブームで、

とにかく「減らす」ということが目標の、洋服を減らす方法論が巷に溢れている。

 

私自身もこのブログで、色々なアプローチからの方法を提案しているわ。

 

方法論、たしかに大切。

私もかつての膨大な量から洋服を減らしていく過程では、

いくつものアプローチを試しては、減らしてきたからね。

 

その方法にのっとってやれば、誰でもある程度は減らせると思う。

 

でも、減らした状態をある程度維持して、リバウンドしないためには、

減らす方法論だけじゃダメだと気が付いたの。

 

ファッションが好きな人あるあるなんだけど、

色々なジャンルのオシャレをしたいという欲求が強いのよね。

自分の属性によっても、ジャンルって増えるし。

 

好きなテイストが絞れていない、流行にいちいち反応しちゃう、

行事、イベントごとに、結局新しい服を買ってる、

そんな人、多いんじゃないかしら。

 

たとえば大学生やOLさんなら、

可愛い系、綺麗なお姉さん系、大人ギャル系

外回りスーツ、内勤用、就職活動用・・・。

フェス用、リゾート用、スポーツ用、海用山用・・・。

女子受けファッションと男子受けファッションは違うから、

シチュエーションによって服装を分けてみたり。

 

主婦やママになれば、

ナチュラル系、カジュアル系、ゆるモード系。

流行りのアイテムはとりあえず取り入れて、オシャレママを目指すみたいな。

仕事縛りがない人は、自分らしいオシャレが許される時代だもん、楽しいわよね(^^)

 

一方で、お受験や学校行事向けの洋服、子供の遊びや習い事に付き合うための服、

帰省や家族親戚付き合い用のいわゆる嫁業向けの服も要る。

運動会ファションだの、遠足ファッションだの、ママ友ランチ会ファッションだの、

ママ向け雑誌ではいちいちシチュエーションを増やしてくるしね~。

 

女は大変だわ、役割が多いんだもん。

(こういう事書くと、男も大変だっていう噛みつきブクマが来るかしらね、論点そこじゃないから。)

 

服を減らすために大事なのは、

こういう様々なシチュエーションや好きなテイストをまずは自分で把握して、

そしてその中で、最大公約数的に使える服を揃える、または残す事なのよね。

 

好きな服、ときめく服だけじゃ、ダメなのよ、大人になるとさ。

関連記事はコチラ↓↓↓

cestmavie.hateblo.jp

 

例えばジャケットひとつにしても、さすがに海山には行けないけれど、

親戚付き合い、学校行事、オフィスから、

ちょっと小奇麗な服装が求められている場所に着て行けるようなモノ、

さらにはカジュアルダウンもしやすい素材や形を選ぶ、とか。

 

流行を盛るのはお若いお嬢さんにお任せして、

40代ともなったら、そこじゃないところでオシャレ力を発揮したいわよね。

流行りの形は女子受けはするけれど、

全世代、全方位には受けないし、様々な場面で使えないモノも多い。だから外す、とか。

 

いかに用途を兼ねるかを追求して、いちいちシチュエーションごとに持っておかない事が、

少ない服で暮らすコツなのよね。

靴やバッグも同じよ。〇〇用バッグ、靴は冠婚葬祭用だけに出来るといいわよね。

 

この本は私の指針のひとつ。

 f:id:cestmavie:20160518094123j:image

ココシャネルのように、たった2着のツイードスーツを毎日着るっていうのは究極かも。

晩年はデザイナーとしてだけに生きた、属性すらもミニマムにしたからこそよね。

 

どこに行くにもシャネルスーツ、

さすがにそれは、私の今のライフスタイルには合わないけれど、

完成された自分というスタイル、そのスピリッツにはグッときてしまうわね。

あれこれ目移りする時代はもう終わり。

40代後半、好きなスタイルを絞り、用途をも兼ねたミニマムクロゼットを完成させていきたいわ。

テーマはミニマム&エレガント、そんな感じに近づけていきたいわね。

 


にほんブログ村

属性もミニマムにしたいな~と思った記事

cestmavie.hateblo.jp