C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

NHKあさイチのミニマリスト特集に、好き放題突っ込んでみる。9月26日放送分の感想。

 

昨日、皆さんご覧になりました?

NHK朝の番組、あさイチでやってたミニマリスト特集。

ミニマリストでもない、むしろ汚部屋の住人の姉に、放送するよ~って聞いて、

楽しみに視聴致しました(^^)

 

“持たない”くらし=ミニマルライフ|NHKあさイチ

 

最初に出てきたアフロな方。

あの方のお部屋は好きな感じだった。

今日本で誤認識されているミニマリストの部屋と言えば、

パソコン以外何にもない!っていう極端な部屋だけれど、

本来ミニマリストの部屋ってセンスが良くて、住む人の趣味が色濃く出た部屋だと思うから、

彼女らしいテイストだけでしっかりと固められ、そこそこモノもある部屋が好感持てた。

 

だが!!

冷蔵庫も洗濯機も掃除機もエアコンもない人力の暮らしは、

都会のフリーランスのひとり暮らしだからこそやれるのかな~と思うよ?

家事労働が一人分で済むのと、家族分あるのでは大違い。

番組内でうちとおんなじ家族構成(夫婦と中3男子)のご家庭が、

冷蔵庫と洗濯機無しで一週間暮らすというのをやっていたけれども、

お母さんが結局一番苦労してたジャン・・・。割りにあわねぇ。

同じお母さんの立場としては、洗濯機や冷蔵庫、掃除機を無くす利点なんて無かった。

 

自分の中に「不便」を解決する知恵や能力が眠っていた事に気が付いたと彼女は言っていた。

でも彼女のしている事は、単に労働を人力にしただけ。

彼女の言う能力は実は誰もが持ってるし、

旅行とか停電とか、必要に迫られれば誰でも出来るスキルで、

家電を捨てたミニマリストにしか出来ないひらめきでもなんでもないから驚きもしない。

私、若い頃山に登ってたんで、山はもっと不便だったしな。

なので私は、そうまでして不便さの方を取りたくはない、快適や時間の余裕を取りたい。

 

3人子持ちの方。

この方は、マイルドミニマリストって感じですね~。

見た感じ、家族や子供に必要な物はきちんとあって、

ちゃんと整理整頓もされていて、好感が持てます。

 

ソファーの要不要にフォーカスした取材だったけれど、

確かに、せっかく3人掛けとかの大きなソファーを買っても、

結局は旦那しか座って(寝っころんで)いないじゃんっていう家も多そう。

日本の住環境なら、家族が多い家ほど邪魔な存在がソファーなのかもな~って思った。

 

主婦が「家事を楽したいから何でも捨てちゃえ~。」じゃなく、

一緒に暮らす家族全員にとって、それを持っていることが幸せかどうか?

そういう目で家を回していく事が大事だなって、あらためて感じたね。

 

田舎へ移住した女性。

娘ちゃんがかわい過ぎ~♡

今は自然の中で満たされて、お金も少しで生きていけてて、

東京で消耗していた頃と比べたら、すごく幸せなんだろうな~っていうのは伝わってきた。

 

でも、それは、夫婦の幸せ基準。

この女性も、都会でさんざん欲にまみれて生きた経験があるからこそ、

今「無い事」が幸せと感じられるんだよ。

だから、「無い」しか知らないお子さんが、これからもずっとこの環境で満足かはまた別。

娘ちゃんはきっと将来、都会や世俗に憧れると思うのよ?

のこぎりがプレゼントで喜ぶのは今だけじゃないかな?

 

あとさ、このご夫婦に限ったことではないけれど、

田舎暮らしの利点として、物々交換や物の貸し借りが良くあげられるけれど、

公共のものならいざ知らず、

他人様の持ち物をはなからあてにしたうえでしか成り立たない暮らしってどうなんだろ?

 

持ってないから、持ちたくないから、借りればいいよね?っていう感じ。

私は嫌いなんだ。自分は絶対やんない。あつかましいもん。

借りるなら、プロのそういうサービスにお金を払って借りるだろうな~。

もうこれは、平気でやれる人(^^)v、私みたいに無理だわ~(´Д`)って思う人色々だから、

良い悪いではないんだけどね。

 少なくとも、番組にあったように田舎暮らしで良かった点とは思えない。

 

以上、好き放題突っ込んじゃったけれども、

皆さんがお幸せならそれでいいんじゃない?が結論かな。

先の事なんで誰にも分からないけれど、

自分の幸せポイントを探して生きていく、人それぞれでいいんだよね~。

 

あくまで個人的感想ですので、バトルはご遠慮くださいね(*'▽')

 

 
にほんブログ村>

関連記事

cestmavie.hateblo.jp