読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

お金を貯めたいなら真っ先に捨てなきゃいけないもの。

シンプルな思考・行動

 

かつてはお金をジャブジャブ使い、流行り物大好きだった私は、

今正反対の暮らしをしています。

暮らしがシンプルになっていく過程を振り返って、

これを真っ先に捨てていたら、

もっと早くにシンプシストに達していただろうと思うものについて書きます。

 

多分、お金をたくさん欲しくない人はこの世の中に居ないと思います。

家族や子供が居れば尚更。

お金は本当に必要だし大事だし、欲しいですし残したいですよね。

 

でもそう思う一方で、

その大切なお金が減る行為である、様々な消費が止められないのはなぜなんでしょう。

 

それは私たちが、横並びや平均的な暮らし方しか知らされて来なかったからかも知れません。

人と同じモノ、周りと同じレベルかそれ以上のモノや行動が正。

昭和の一億総中流の価値観を踏襲して生きてきた40代の私たち。

そうすることが幸せな生き方なんだと、誰かにいつからか、刷り込まれてしまったのでしょうか。

 

ですがあなたが少しでもお金を残し、シンプルに生きたいのなら、

今すぐその横並び思想を手放すべきです。

 

まぁ、買い物は必要な物だけを買っている方も多いから、

そこまで目くじら立ててるワケじゃありません。

 

どっちかっていうと、問題だなと思うのは、

流行ってる感じやみんなやってる感じのモノや事を取り入れる事が止められない人。

マインドを他人の価値観に支配されてしまっている事が問題だと思うんです。

 

着る物持ち物、旅行やレジャー、

子供にかける教育費、車の車種、家の大小、そもそもどこで暮らすか。

 

お隣がコンパクトカーからミニバンに買い替えたから、

うちはもうひとランク上の車にしなければ悔しい。

あそこの子が塾に入ったから、うちの子は有名塾に入れなければ置いていかれる。

同期が結婚披露宴したから、私は海外挙式にして差を付けたい。

例はまだまだあるけれど、このぐらいで十分伝わるでしょう。

 

そしてそのどれも、ちょっといいものやお隣に恥ずかしくないもの、

あそこのおうちの子に負けないものをと言い出したら、

お金なんていくらあっても足りないですよね。

 

負けたくなくて張り合ってるくせに、

結局は人と似たような選択で安心してるところも大いに矛盾を感じます。

誰かの真似みたいな暮らし方、横並びや人と同じモノを望む事から解脱しない限り、

モノも出費も増え続けますよ。

 

選択の主語は「普通は」や「世間は」ではなく、「私は」と「うちは」。

誰かと同じじゃなくてもアウトローでも平気。むしろ同じが嫌だわ(笑)

みんなとお揃いは要らない、お金、残したいですしね。

 

凪 


にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp