読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

【片付け】やっぱり!床にモノを置いていると災難が起きる。

 

我が家の掃除と片付け、

夫と息子の部屋は、毎日床に掃除機をかけてあげる事ぐらいで、

それも、床が見えてる場所だけ(笑)で、

モノの管理は基本本人たちに任せています。

 

彼らの個室以外の、パブリックスペースの管理者はもちろん私。

日々、上がり下がりはあれど、そこそこ片付いていると思っています。

が、昨日、ちょっとした事件がありました。

 

我が家の洗面室は、引き戸になっています。

戸が引き込むのは、洗面室側。

引き込みスペースと、そのすぐ横の洗面化粧台の間に5センチほどのすき間があるのですが、

f:id:cestmavie:20161118090051j:image

 

そのすき間が、洗濯機のパーツにちょうどよく、

洗濯機購入以来、そこへ収納していたんです。

オシャレ着洗いの時に洗濯槽の底にセットして水流を調整するもので、

使わない時は折り曲げて半月型に出来ます。

 f:id:cestmavie:20161118090113j:image

 

半月型に折ったものを、使わない時はすき間にスッと入れてたんですよね。

こんな感じに。(実際には奥まで押し込んでいました)

本当に、神的!にこのすき間にピッタリだったんですよ。

 f:id:cestmavie:20161118090133j:image

 

が、昨日、私が洗面室の外から戸を閉めた時、

はずみでパーツが壁の方に倒れ掛かったらしく、

つっかえ棒のようになって、引き戸が開かなくなってしまいました。

戸を外そうにも、洗面室側からしか外せない構造。

猫しか通れないすき間しか開かなくなってしまいました(´Д`)

こんな状態。(後で撮影)

 f:id:cestmavie:20161118090202j:image

 

洗面室の窓は喚起のために開けている事が多いので、窓から侵入すればいいんですが、

我が家の洗面室は2階。

もちろん防犯のため、窓も結構高い位置に付いてます。

どうしよう~とマジでオロオロ動揺しましたよ・・・。

 

で、結局どうしたかと言うと、お隣さんに、背の高い脚立をお借りして、

外からはしごをかけ、帰宅した息子に登らせて洗面室へ侵入、

無事内側から開ける事が出来ました。

 

お隣さんは家の修繕を何でもご自分でしちゃう人で、

大工さん並みの道具を所有しているので、はしごをお持ちか聞いてみたのです。

貸して頂けて、本当に助かりました。

 

夕方になってようやく洗濯物が干せましたが、

この事件で、昨日はどっと疲れました。

 

教訓。

床にはモノを置くな。

すき間にモノを置くな。

あらためて、思い知った出来事でした。

時々ニュースで聞く、屋内で閉じ込められる事故も、

部屋に余計なモノを置いていなければ起こるはずもないもの。

これからもずっと安全に暮らすためにも、

モノの置き場所を、もう一度チェックしようと思いました。

 

凪 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村