C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

アラフィフがランニングを始める訳。心身の若さを維持して元気な中高年を目指す。

 

この春、気持ちも新たに色々な事をしようとしている私なのですが、

既に再開して、生活の一部になりつつある、ランニングについて書きます。

 

世間ではランニングブームで、

記録を目指している方、フルマラソン完走を目指している方、

仲間づくりを重視している方、痩せたい方、

ランニングする目的は人それぞれだと思います。

 

私の目的、意義。

それは、「老後の自分の為に体力を貯金しておく事」です。

だから、速さとか、ダイエット効果とか、仲間づくりとか、あんまり興味ありません。

それらは、取組む過程での副産物であればあったでいい、程度です。

 

40代になってからしばらくは、体力的に30代とさほど違いを感じない時期が続きました。

それが、自分でも気付かないうちに、ジワジワと何かが違ってきて・・・。

ここ1年くらいは、自覚する老化が怒涛のように押し寄せています(´Д`)

 

すぐ疲れる、

その疲れが抜けない、

突然始まった生理不順、

太りやすく痩せにくい、

物忘れ、目が見えない等々。

これじゃいけないと思いつつ、歳に逆らえず、何をしていいのかも分からない毎日。

 

そんな時、ふと周囲を見ると、

70代、80代でも元気に働く人生の大先輩がたくさんいるのです。

たとえば、土日にバイトしているレストランでは、

オーナーのお姉さんである82歳のマダムが、

私より長時間、休憩も取らずに、洗い場に入って手伝ってくれます。

「疲れたー。」なんて言わないし、実際疲れも感じさせず、いつもとても元気です。

足腰もしっかりしていて、動きも俊敏、すごいです。

私の母も70を越えましたが、老人病院で働き、いまだに夜勤もこなしています。

母も風邪ひとつひかず、本当に丈夫。

他にも、84歳で現役大学教授をしているマダムなど。

 

元気なご老人たちに共通しているのは、なにかしら「仕事」を持っていて、

そのために毎日キビキビ動いている事。あとよく食べる(笑)

歳をとってしまってから急に動こうとしても、多分ムリ。

私だったらもう今から、動くことを続けていく事が大事なんだろうなと。

体が動くことは、心身の若さと大きく関係があるなと思うのです。

そう気が付いて、

そうだ、走ろうと思ったわけです。お金もかかりませんし。

 

2月から、まずは歩くことから再開して2か月。

3か月目に入り、今は週に3回ほど、10キロ程度をランニング&ウォーキングをしています。

片道4キロほどの事務所にも、基本歩いて行く事にしましたが、

普段の生活で今まで車や電車だったところを自力に変える方法が、

無理なく取り入れられるなとも思います。

 f:id:cestmavie:20170413100010j:image

 

街に咲く花を観ながら、季節の空気を感じながら、のんびり走っています。

疲れたら無理せず歩きます。

ゆっくりでもランニングはとっても疲れるのですが、

おかげで日常生活では疲れにくくなり、

体力が急激に戻ってきているのを感じられます。

40代の今なら、体の中身も外見も変えるのにまだ間に合うでしょう。

 

息子も手が離れ、休んでいた仕事も徐々に増やしています。

人生まだ半分あるし、息子世代に世話をかけない元気な老人目指して、

仕事、運動、続けようと思います。

経済的な理由以外で中高年でも仕事を続ける意義は、以前の記事でも書いています。

良かったらお読みくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

関連記事

cestmavie.hateblo.jp