C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

アラフォー過ぎたらオシャレの曲がり角。今の自分を好きになってもっと素敵になろう。

 

鏡の前で、う~ん?となったその服。

捨て時よ!

今年の自分に似合わなければ、来年はもっと似合わないわよ。

 

だってね、

人間、絶対若返りはしないからね。

体力だって、

少しずつ衰えていくからね。

 

重たい、

きつい、

痛い、

寒い。

若い頃、真っ向勝負を挑んでは、大勝利してきたこれらの形容詞には、

この先はもう勝てないの。

 

それにね、「おしゃれは我慢」と言われた時代は終わったの。

事実、今の若い人たち

わりとみんな、自然体のおしゃれをしているわ。

足元を見ても、ハイヒールを無理して履いている子はホント減った。

 

昔の若者は、

高価なDCブランド(死後)を着て、

シャネルだヴィトンだ、ハイブランドを持って、

頭の先からつま先まで雑誌のコピーみたいで、みんな横並びだったわね。

 

今の若い人たちは、

高いモノがいいモノだなんて幻想を持っていないわよ。

安くていいモノを見つけて上手に組み合わせてる。

昔は無かったプチプラショップも、たくさんあるしね。

今は、たかがオシャレごときで、

体にも財布にも無理をすることがもう時代遅れで、

「昔の人感」ハンパないのよね。

 

f:id:cestmavie:20171014223357j:plain

 

オシャレの曲がり角に立ったら、どうすればいいのかしら。

 

毎シーズン、毎週のように、

マスゴミがごり押ししてるだけの、作られた流行服を買ってる人。

若い人には手が届かない高価なモノを買って、

差をつけたかのように錯覚してる人。

 

大人だからって、

勝手にファッションリーダー気取りで、一歩先行く必要はないわ。

逆に、一歩引く必要があるの。

自分や自分ら世代が、周りからどう映っているのか、

俯瞰してみる必要があるの。

 

世間の人は優しいフリして、本当は残酷よ。

誰も直接本音を言ってくれないもの。

「若いですね~♪」は、本当に年齢が若い人には使わない褒め言葉。

舞い上がってしまっては裸の王様よ。

行動やモノのチョイスが若い頃から進歩していない、

歳だけくったイタイ人にはなりたくないわよね。

 

お金をかけてても、嫌味なくさりげなかったり、

逆に、お金をかけていなくても、なぜか良質で素敵に見えたり。

TPOに馴染んでいるのに、

なぜかそこだけふわりと光を集めているような。

そんなおしゃれが出来る大人を目指しましょうよ。

 

曲がり角の先には、

歳を重ねてさらに輝く自分が居ると思えば、

曲がるのも怖くないわ。

 

この記事はちょうど2年前の10月15日に書いたエントリーをリライトしました。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村