C'est ma vie. シンプリスト凪

R45、凪の、暮らしと心のシンプルライフガイド。

狭い寝室のセルフリノベーション、おおむね終了

スポンサーリンク

 

春からのんびり進めてきた私の寝室のセルフリノベ、

カーテンレールとカーテンを取り付けておおむね終了をむかえました。

 

カーテンは、日本で主流のフックを入れて使うヒダカーテンが嫌いなので、

アメリカの通販会社から個人輸入しました。

カーテンレールも、大昔にアメリカから個人輸入したやつを別の部屋から転用しました。

上部の輪になってる部分をポールに通すだけのものです。

f:id:cestmavie:20180815125441j:image

柄とフリンジがボヘミアン風なので、

スタイルを主張し過ぎないよう色味は抑えました。

ちなみに柄は上部にだけ、アーチ型に入っています。

 

石膏ボードの壁にカーテンポールを取り付ける為に、アンカーと呼ばれる下地専用ネジを使ってます。

これを使えばガッチリ付きます。

下地が石膏ボードならば、漆喰を塗った壁でも使えます。

f:id:cestmavie:20180815130041j:image

 

下穴を開けたりが、電動ドライバーでも力が要る作業なので、夫にも手伝ってもらって取り付けました。

 

ではビフォーアフター

改装前

f:id:cestmavie:20180815130327j:image

 

カーテン取り付け前

f:id:cestmavie:20180815130420j:image


f:id:cestmavie:20180815130424j:image

 

カーテン取り付け後

カーテンはわざと床に付くようにしてあります。

f:id:cestmavie:20180815130536j:image


f:id:cestmavie:20180815130541j:image

 

ノスタルジーの棚辺り

f:id:cestmavie:20180815130621j:image

 

カーテンが無い部屋もスッキリしてて良かったけど笑

寝室なので、やっぱりカーテンはあった方がいいね。

 

ざっくりとした生地なので光を通すし、夜はきっと透けるけれど、

目隠し重視では無いのでこれでヨシ。

軽さと明るさとインテリア性重視。

 

これで、箱=部屋の土台はおおむね満足なので、今後はベッドリネンなどを雰囲気に寄せていきたいなぁと思います。

モノも増え過ぎないように、このお盆休みで入れ替えもしています。

 

寝室セルフリノベーション連載、お読みくださりありがとうございました^_^