C'est ma vie. シンプリスト凪

凪のわがまま人生後半戦。

春の旅行記と40代旅行ファッション。大阪・京都・神戸三都物語。その1。 

スポンサーリンク

 

世の中が外出自粛となる少し前の3月初旬、関西へ遊びに行ってきました。

大阪2泊、京都2泊の4泊5日の旅。

移動は車です。

旅行の記録とともに、凪の旅行ファッションをアップしてみたいと思います。

 

今回の旅行では着回しを重視せず、
1日ずつコーディネートを決めて持って行き、それをそのまま着ることにしました。
ほぼ毎日ワンピース+アウターの組み合わせ。

春は寒暖差があるので、春アウターと冬アウターの両方を持って行き、

その日の天気と気温によって、アウターを変えるだけにしました。

くつろぎ用のデニムとTシャツ、セーターも持参。

 

旅行で迷うのがいつも靴。

観光で歩くし、でもちょっとおしゃれなお店に行く用のシューズも持っていきたいし。

今回は白いスニーカーと、黒のバレエシューズ、ベージュのローヒールパンプスの3足に絞りました。

 

バッグは5日間通して、黒い巾着型ショルダーバッグをメインに、

夜のお食事タイム用に小さなバッグを用意して行きました。

 

初日は大阪への移動で長時間車に乗るので、

お腹周りが苦しくなく、シワにもならないポリエステルワンピース。

結構フェミニンなデザインなので、アウターはGジャンにしてカジュアルダウン。

足元はダークネイビーのタイツに白いスニーカーでした。

 

アウターその1、GジャンはGUの、あえてXLサイズ。

f:id:cestmavie:20200511210257j:image

 

f:id:cestmavie:20200511210345j:image

 

この日はとても良いお天気で、この服装でちょうど良かったです。

 

☆1日目観光ルート☆

大阪城公園→道頓堀・心斎橋界隈→通天閣エキスポランド太陽の塔

どこも観光客が本当に少なくて。

2日間を予定していた観光ルートに初日で全部行けてしまった。

ただ大阪城天守閣は休業中で中に入れず残念でした。

夕食はコンシェルジュに聞いたホテルそばの焼き肉屋さんへ。

お味は普通でした。頑張って鶴橋まで行けばよかったけれど、疲れちゃって。

 

f:id:cestmavie:20200511211331j:image

 

f:id:cestmavie:20200511210622j:image


f:id:cestmavie:20200511210610j:image

 

どの街も人気がまばらで・・・なんだかさみしかったな。

大阪って活気があってナンボなのにね。


f:id:cestmavie:20200511210618j:image

 

2日目は予定では白いニットワンピースを着るつもりだったのだけど、

またまたとてもいいお天気で、日中は半袖でもいいくらいでした。

コーディネートは白Tシャツに白デニム。

ビル風対策にアウターその2のベージュのレザージャケットを羽織って。

f:id:cestmavie:20200511210723j:image

 

☆2日目観光ルート☆

明石焼きを食べに神戸三宮までドライブ→中華街→神戸ウインドーショッピング

午後は大阪に戻り、ホテル周辺のグランフロント界隈を散策しました。

夕食はお好み焼き屋と牛タン屋をはしご。

〆はホテルのバーで。

 

f:id:cestmavie:20200511210902j:image


f:id:cestmavie:20200511210858j:image

 

イチゴのカクテルがあると直ぐに頼んでしまう癖。
f:id:cestmavie:20200511210905j:image

 

大阪でのお宿はインターコンチネンタル大阪でした。

大阪の中心部にありながら、静かでくつろげるホテルでした。

バーのアルバイト的スタッフだけがダメダメでしたけど、

フロント、コンシェルジュ、ベルなど主要なポジションのスタッフは良かったです。

スタッフが多国籍なのが今時だなと。

でも中年の我々から言わせると、国内旅行は日本人スタッフのほうが安心するかな。

痒い所に手が届く、察してくれるのはやっぱり日本人スタッフだったりします。

 

ホテルに泊まるとなぜかバスルームばかりを写真にとってしまう私。

27階、普通ランクのお部屋ですが、十分くつろげました。

f:id:cestmavie:20200511211209j:image

 

お部屋からの夜景がキレイでした。
f:id:cestmavie:20200511211203j:image

 

その2京都編へ続く。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村